男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
出演者 渥美清
中村雅俊
大竹しのぶ
倍賞千恵子
前田吟
太宰久雄
下條正巳
笠智衆
藤村志保
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1977年12月29日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億1600万円
前作 男はつらいよ 寅次郎と殿様
次作 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』(おとこはつらいよ とらじろうがんばれ!)は、1977年12月29日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの20作目。同時上映は郷ひろみ主演の『ワニと鸚鵡とおっとせい』。


あらすじ[編集]

 マドンナは藤村志保。マドンナの弟で、とらやに下宿し、スーパーの電気工事の仕事をしている青年良介(中村雅俊)と、近所の食堂で働く娘幸子(大竹しのぶ)の恋の橋渡し役を寅次郎が買って出る話。寅次郎が柴又に帰ると、とらやには「押し売りお断り」の札が。良介は寅次郎を見て押し売りときめつけて警察に通報し、そのことで寅次郎の怒りにふれる。とらやを出ることになった良介はパチンコをしながらアパート雑誌を見ていた。偶然寅次郎もパチンコをしていたが、なかなかあたりが出ないことに愚痴をこぼし、良介が玉をくれて意気投合する。その後酒を酌み交わした後二人はとらやに戻った。青年は娘幸子にゾッコンであった。ある夜、幸子が母の具合が悪いという電話を受けた後、良介と食堂で会うと、思いつめた彼は「俺と結婚してくれ」と言う。幸子は母のことで気が動転し、良介に激怒する。良介は食堂の主人に突き飛ばされて「頭大丈夫かお前」と言われる始末。そんな自分の気持ちを相手に伝えることができず、とうとうガス自殺未遂までしてしまう。警察の取り調べの後すぐ、良介は長崎の平戸に帰郷した。寅次郎も後追いで平戸へ向かうことになった。その惨めな姿を見るに見兼ねた寅次郎が大活躍するのだが、寅次郎は青年の姉藤子に出あったとたんにホの字になり、平戸島にある藤子の土産店と貸自転車屋を手伝うまでになる。数日後、柴又に戻った幸子はとらやを訪れ、良介に会いたいと来たが、二人の間に何かがあったのではとさくらは涙を流していた幸子に理由を聞いて、その夜良介の家に電話したらなんと寅次郎が「はい、こちら島田でございます」と出てびっくりする。店番していた寅次郎が電話に出ていたため、多忙だったため何度も切られた。その夜とらやからさくらが電話するが寅次郎の「はいはい、島田でございます」と言ったところですぐさま切った。藤子との散歩中、良介がさくらからの電話で失恋していなかったことを報告するため寅次郎の元に駆けつける。良介は翌日東京に行くことになり、そんな寅次郎は藤子と留守番することになった。そんな寅次郎は藤子との生活の始まりに有頂天になっていたが、良介は幸子にあってほしいことととらやにお詫びがてら東京に行くことになったわけだが、寅次郎はここで留守番をすることになったのだ。東京に向かっていく船を見て神父は寅次郎が藤子に惚れている事を察していた。その夜、良介は幸子の食堂で食事する。藤子とさくらが江戸川にいたところに寅次郎が生き倒れになって平戸からとらやに戻ってきた。その晩、良介・幸子の幸福を祈って宴会する。良介は寅次郎が藤子の惚れている事を伝えるが、驚いてしまう。傷心の思いでやがて寅次郎は旅に出る。一方正月に平戸に帰った良介は幸子にとって生まれて初めての平戸に行った。

自分は失恋ばかりしているのに恋のキューピットをやらせれば天下一品の寅次郎が活躍する作品。

キャッチコピー[編集]

今年はマジメにやるぜ、なあ さくら! 寅さん二十作目の大奮闘!

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:188万1000人
  • 配給収入:11億1600万円(1978年邦画配給収入第6位)[1]
  • 上映時間:95分

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、230-231頁。ISBN 4-87376-595-1

外部リンク[編集]