石井均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石井均(いしい きん、1927年(昭和2年)11月30日 - 1997年(平成9年)12月31日)は昭和期の俳優、喜劇役者。

経歴[編集]

大分県豊後高田市是永町出身。本名は石原 仁。 芸名の由来は、「〝一〟獲千〝金〟」という言葉が好きな事に由来。(一均=井均)

熊本逓信講習所卒業(昭和18年)。

1948年(昭和23年)、八幡寿座で初舞台を踏み、以後旅回りをする。

1956年(昭和31年)、新宿フランス座に加入。体技型のコメディアンとして頭角を現す。

1958年(昭和33年)6月、軽演劇一座「笑う仲間」を旗揚げ、後に「石井均一座」に改組。主に新宿の松竹演芸場を根城にし、座員には戸塚睦夫のほか、石井の弟子の伊東四朗(当時は伊藤証)、財津一郎(当時は財津肇メ)らがいた。

1961年(昭和36年)10月、「石井均一座」を解散。単身大阪へ渡り、私淑する曾我廼家十吾が昭和32年に立ち上げた第二次「松竹家庭劇」に加入するが、解散に伴い再び東京へ戻る。西川きよしは、この大阪時代の弟子である。

1969年(昭和44年)11月、東京12チャンネル(現:テレビ東京)にて、レギュラー番組「爆笑愚連隊キン・コン・カン!!」がスタート。谷幹一大村崑と共にキンコンカントリオとして人気を博した。

1981年(昭和56年)11月、「松竹新喜楽座」の座長に就任。

代表作の映画には、「がめつい奴は損をする」、「カメラ・トップ屋」、おもな主演舞台には「街燈」、「あかんたれ」、テレビドラマでは、NHK繭子ひとり」、金曜ドラマ「ふぞろいの林檎たち」などがある。その他、「男はつらいよ」など数々の映画で脇を固めた。

高田文吾というペンネームで芝居の脚本なども手がける。

1997年(平成9年)12月31日肺炎により死去。70歳没。

主な出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

弟子[編集]

直弟子[編集]

孫弟子[編集]

いずれもきよしの弟子

曾孫弟子[編集]

いずれものりおの弟子
  • 西川小のり
  • のりはじめ(廃業)
  • のりのり(後にボソボソ、廃業)
  • 小ざる