近藤朔風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近藤朔風

近藤 朔風(こんどう さくふう、1880年明治13年)2月14日 - 1915年大正4年)1月14日)は、訳詞家。原詩に忠実な、歌い易い訳詞で、西欧歌曲への市民の耳を開いた。『泉に沿いて茂る菩提樹』・『なじかは知らねど心侘びて』・『わらべは見たり野中のばーら』などは、今も歌い継がれる。本名逸五郎。筆名には近藤あきら羌村もあった。

生涯[編集]

桜井勉・八重子の第5子として、東京に生まれた[1]。桜井家は、但馬国出石藩(現・兵庫県豊岡市出石町)の藩儒の家系で、明治維新後上京した勉は、逸五郎誕生のときには内務省山林局長を務め、東京在住の出石出身者の中心的な人物だった。叔父(勉の実弟)に、教育家木村熊二がいた。

1893年(明治26年)(13歳)、逸五郎は父方母方両方の叔父に当たる近藤軌四郎の養子に入った。1895年誠之小学校から尋常中学郁文館へ進み、1900年に卒業した。その頃から西洋音楽を好み、1901年東京音楽学校の専科生となり、1902年から東京外国語学校伊語学科にも在籍した。1903年東京音楽学校が日本初のオペラ、グルックオルフェウスを上演したときには、石倉小三郎らと訳詞を担当した。

オルフェウス上演後、東京音楽学校・東京外国語学校から離れ、雑誌への寄稿を始めた。西洋音楽の手引きのほかリヒャルト・ワーグナーの紹介記事も書いた。1905年4月から『音楽』誌の編集主任となり、初の訳詞、グノーの『セレナアデ』を同誌に載せた。

1906年(明治39年)(26歳)、日下部千穂と結婚した。この頃、日本民謡の紹介もした。

1907年頃から、『近藤朔風』の筆名で、原詩に忠実な訳詞作りに励んだ。訳詞は47編確認されているが、訳業による収入は十分でなく、役所勤めもしたと言う。詳細は明らかでない。

酒好きで、1915年の年明けに倒れて順天堂病院に入院し、面疔肝臓炎のために没した。35歳。墓は、谷中霊園甲11号1側、桜井家墓域にある。[1]

主な訳詞[編集]

訳詞は先ず雑誌に発表し、それから訳詞集に纏めたと言う。その次第は出典の坂本麻実子の論文に詳しい。以下には、よく知られる分をおよその年代順に抄し、次項に出版の表題だけを掲げる。

出版の記録[編集]

  • 編著:『歌劇オルフォイス』(翻訳台本)、東文館(1903.7)
  • 『独唱名曲集』、如山堂書店(1907.6)(収録15篇中10篇が朔風の訳詞)
  • 『つはもの』(独唱・合唱西欧名曲集 第3巻)、如山堂書店(1907.8)(7篇)
  • 小松玉巌編:『名曲新集』、大倉書店(1908.9)(収録25篇中9篇が朔風の訳詞)
  • 天谷秀と共編:『女声唱歌』(三部合唱曲集)、共益商社書店(1909.11)(収録25篇中14篇が朔風の訳詞)
  • 山本正夫と共編:『西欧名曲集』(合唱曲集)、音楽社(1911.4)(収録15篇中8篇が朔風の訳詞)
  • 山本正夫と共編:『西洋名曲叢書 第1集』(メンデルスゾーン号)、楽界社(1915.3)(4篇)
  • 同上『第2集』(女声三部合唱集)(1915.4):(6篇)
  • 同上『第3集』(歌劇独唱曲号)(1915.5)(3篇)
  • 同上『第4集』(高名民謡号)(1915.6)(6篇)
  • 同上『第5集』(ベートーヴェン号)(1915.7)(3篇)
  • 同上『第6集』(シューベルト号)(1915.8)(3篇)
  • 同上『第7集』(シューマン号)(1915.9)(3篇)
  • 同上『第8集』(英国民謡号)(1915.10)(4篇)
  • 同上『第9集』(芸術的歌曲号)(1915.11)(4篇)
  • 同上『第10集』(近代作家歌曲号)(1915.12):(内容不明)

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「坂本麻実子:『近藤朔風とその訳詞曲再考』」のp.3