野ばら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野ばら』(Heidenröslein)とは、

ゲーテの詩『野ばら』[編集]

1799年に出版された。ゲーテが1771年シュトラースブルク(ストラスブール)に滞在していた時に書かれたもので、en:Friederike Brionという女性に恋をし、その女性に贈られたものである。

“Sah ein Knab' ein Röslein stehn”(「男の子が野に咲く薔薇を見つけました」といったメタファーを用いた文)で始まる。

この詩は傑作と評価されており、以下をはじめとした多くの作曲家によって、この詩に曲が付けられている。

なお日本においては、特にシューベルトの作品が人々に知られている。

この詩に歌われている野ばらの品種とはロサ・カニーナである。[要出典]

詩の全文[編集]

Heidenröslein (Johann Wolfgang von Goethe)

Sah ein Knab' ein Röslein stehn,
Röslein auf der Heiden,
War so jung und morgenschön,
Lief er schnell, es nah zu sehn,
Sah's mit vielen Freuden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.
Knabe sprach: ich breche dich,
Röslein auf der Heiden!
Röslein sprach: ich steche dich,
Dass du ewig denkst an mich,
Und ich will's nicht leiden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.
Und der wilde Knabe brach
's Röslein auf der Heiden;
Röslein wehrte sich und stach,
Half ihm doch kein Weh und Ach,
Musst' es eben leiden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.

シューベルトの歌曲『野ばら』[編集]

シューベルトの『野ばら』の自筆譜

魔王』と並びシューベルトの初期の傑作とされる。リート形式の見本というべき簡単な曲想に、ゲーテによる原詩のもつ繊細な世界が昇華されている。

ト長調。4分の2拍子。ピアノ伴奏は単純で、主和音右手左手とで交互に奏するだけ。歌手の主体的な歌声をピアノが損なわない配慮である[要出典]

主調楽節-属調楽節-属調平行調楽節-主調という簡単平易な小曲の中に、厳しい自然の中の可憐なを歌い上げている。

『野ばら』のメロディ[編集]

日本では学校のチャイムとして使用されることが多い。東日本旅客鉄道(JR東日本)では発車メロディとして使用されていたほか、かつては京王電鉄の駅でも接近メロディとして使用されていたが、いずれも放送機器の更新に伴い消滅した(編曲を手がけたのは永楽電気である)。学校のチャイムとしては立正大学などで使用されている。

シューベルト以外の作曲家による『野ばら』[編集]

ハインリッヒ・ヴェルナー作曲の『野ばら』は、地方自治体によっては防災行政無線のチャイムとしても使われている。

外部リンク[編集]