木村熊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 熊二
Kumaji Kimura.jpg
生誕 (1845-03-03) 1845年3月3日
日本の旗 日本京都
死没 (1927-02-28) 1927年2月28日(81歳没)
日本の旗 日本東京府東京市芝区白金三光町
墓地 谷中墓地
国籍 日本の旗 日本
出身校 ホープ大学、ニューブランズウィック神学校
職業 武士教育者牧師
配偶者 木村鐙子
伊東華子
東儀隆子

木村 熊二(きむら くまじ、弘化2年1月25日1845年3月3日)) - 1927年昭和2年)2月28日[1])は、日本のキリスト教牧師・教育者。明治期、妻の木村鐙子とともに東京において明治女学校を創設、またその後移った長野県小諸で小諸義塾を開設した。牧師として島崎藤村に洗礼を施したことで知られ、のちに藤村を小諸義塾の教師に招いている。名は熊治とも表記される。

略伝[編集]

生い立ち[編集]

出石藩の藩儒桜井石門の次男として京都に生まれ[2]、5歳で出石(現在の兵庫県豊岡市出石町)に移る[2]。日本の天気予報の創始者とされる内務官僚の桜井勉は実兄。8歳で江戸に遊学し、10歳で木村琶山(石門の弟子)の養子となった[2]

江戸では昌平黌佐藤一斎安積艮斎に学ぶ。一斎の縁戚である田口卯吉らと知りあい、同居している。21歳の時に田口鐙子(とうこ、田口卯吉の異父姉)と結婚[2][3]

木村は幕府に仕えて徒目付となる[2]。同じく幕臣である洋学者の乙骨太郎乙とは生涯親交を結ぶ[4]戊辰戦争江戸幕府瓦解に際して木村は勝海舟の下で活動するが[2]、新政府軍に反抗し、その追及を受けることになるも[4]、処罰を免れた。一番町教会植村正久から洗礼を受ける[5]明治元訳聖書(1880年(明治13年)完成)の新約聖書翻訳委員としても活動した。

1883年の第三回全国基督信徒大親睦会の幹部の記念写真、木村は前から2列目の右から3人目、大儀見は前から3列目の左端

明治3年(1870年)、森有礼が少弁務使として渡米する際、外山正一名和道一谷田部良吉大儀見元一郎らと共に随行。ホープ大学英語版ニューブランズウィック神学校英語版で学び[1]、牧師としての試験に合格して、1882年(明治15年)に帰国[2][1]。熱心なキリスト教的教育者として主に女子教育に従事する。明治16年(1883年)5月には東京の新栄教会で開催された、第三回全国基督教信徒大親睦会に留学仲間の大儀見元一郎と一緒に幹部として参加する。

妻の鐙子も日本一致長老教会植村正久が創立した横浜バンド系の教会)の下谷教会で婦人会を作ってキリスト教普及の活動を行った。

明治女学校[編集]

1885年(明治18年)秋、木村と鐙子は九段下牛ヶ渕(現在の千代田区飯田橋)において明治女学校を開校。近代日本における女子教育の先駆けとみなされている学校の一つである[4]。また同年には、日本初の本格的女性誌とみなされる『女学雑誌』の発刊にあたった[4]。しかし、翌1886年(明治19年)に鐙子はコレラで急死する。

コレラで早世した先妻とう子

1888年(明治21年)、木村は、伊東華子と再婚するが、彼女は放埓な性格であり、華子のスキャンダルに巻き込まる形で木村は女学校の校長職を退く羽目になった。同年、木村は頌栄女子学校の校長に。なお、華子は結局愛人と出奔し、8年で離婚することとなった。

明治女学校は巌本善治が校長を引き継いだ。明治女学校は1909年(明治42年)に閉校するが、23年間存続期間に多くの人材を輩出した。

小諸義塾[編集]

1891年(明治24年)、木村は高輪台教会の牧師を辞職[2]。翌1892年(明治25年)、早川権弥の導きで伝道のために長野県南佐久郡野沢村(現在の佐久市)に移住する[2]

1893年(明治26年)、木村は小諸で私塾として小諸義塾を創設し、青年教育にあたった。1899年(明治32年)に小諸義塾は旧制中学校として認可を受け、島崎藤村丸山晩霞等が木村に招かれて教師として勤務した。このほか、小諸で桃や苺の栽培を推奨した。また、木村は中棚鉱泉の発掘にあたり、その近くに書斎として「水明楼」を移築した[2]。水明楼は島崎藤村の「千曲川のスケッチ」の中にも登場しており、現存する。なお、1896年(明治29年)に木村は三度目の妻として東儀隆子(雅楽家の東儀家出身)を迎えた[2]

小諸義塾は1906年(明治39年)に財政難などによって閉校を余儀なくされた[2]

晩年[編集]

小諸義塾閉校後、木村は長野市に移住し、牧師として活動した[2]。1917年(大正6年)に東京へ戻り、1927年(昭和2年)に芝区白金三光町83歳で没し[2]、谷中墓地に葬られた。

木村の命日は、「蓮峰忌」の名で供養が行われている。小諸市では毎年水明楼近くの中棚荘で行われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 木村熊二”. 朝日日本歴史人物事典. コトバンク. 2014年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小諸義塾塾長 木村熊二”. 小諸市. 2014年1月17日閲覧。
  3. ^ 木村熊二”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2014年1月17日閲覧。
  4. ^ a b c d 坂本(1997)p.12
  5. ^ 高橋昌郎2003年129頁

参考文献[編集]

  • 松浦義通「木村熊二」『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 木村熊二『木村熊二日記』東京女子大学附属比較文化研究所 2008年
  • 小山周次『小諸義塾と木村熊二先生―伝記・木村熊二』大空社 1996年
  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年
  • 坂本麻実子近藤朔風とその訳詞曲再考」『富山大学教育学部紀要』No.50(1997年) [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]