シャルル・グノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル・グノー
Charles Gounod
Charles Gounod (1890) by Nadar.jpg
シャルル・グノー
基本情報
出生名 シャルル・フランソワ・グノー
Charles François Gounod
生誕 1818年6月17日
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国、パリ
死没 1893年10月18日
フランスの旗 フランス共和国、サン=クルー
職業 作曲家

シャルル・フランソワ・グノーフランス語: Charles François Gounod1818年6月17日 - 1893年10月18日)は、フランス作曲家

ゲーテの『ファウスト』第1部に基づく同名のオペラで知られるほか、バチカンの実質的な国歌である『賛歌と教皇の行進曲』を作曲したことでも知られている。「フランス近代歌曲の父」とも呼ばれ、美しい旋律、色彩感に満ちたハーモニーを伴った優雅でやさしい音楽は今日も広く愛されている[1]

生涯[編集]

パリ生まれ。母はピアニスト、父は設計士であった。母親にピアノの手ほどきを受けて楽才を開花させ、パリ音楽院に入学してオペラ作曲家フロマンタル・アレヴィに師事した。1839年カンタータ『フェルディナン』(Ferdinand)でローマ大賞を受賞、ただちにローマへ留学し、パレストリーナの作品を研究した。

2年間のローマ留学の後、ウィーンベルリンライプツィヒ等を経由して、1843年にパリに戻り、サン・トゥスタッシュ教会英語版の聖歌隊楽長兼教会オルガニストとなった。1851年に最初のオペラ『サッフォー英語版』(Sapho)を作曲するが、1859年の『ファウスト』(Faust)まで大成功をおさめることはできなかった。この作品は今日でも最も有名なグノー作品であるが、シェイクスピア原作のオペラ『ロメオとジュリエット』(1867年初演)もまた定期的に上演・録音がなされている。

1870年から1875年まで、グノーは戦乱を避けてイングランドに過ごし、のちの王立合唱協会(ロイヤル・コーラル・ソサエティ)の首席指揮者を務めた。この頃から、グノー作品の多くが実質的に声楽曲や合唱曲となった。

グノーは後半生において主に宗教曲を手掛けているが、中でもバッハの『平均律クラヴィーア曲集』第1巻第1曲の前奏曲に旋律をかぶせた『アヴェ・マリア』は有名であり、『グノーのアヴェ・マリア』と称されている。

管弦楽曲『操り人形の葬送行進曲英語版』は、アルフレッド・ヒッチコックのテレビシリーズでテーマ音楽に用いられて有名になった。[2]

2つの交響曲ハイドンモーツァルトらの作品を熟知した上で作曲されており、ベートーヴェンと違ってスケルツォ楽章ではなくメヌエットが使われている。この2曲は、また16歳のビゼー交響曲ハ長調を作曲する上でも手本となった。

1893年、パリ郊外のサン=クルーで死去。墓所はメトロ9号線のExelmans駅の南にあるオートゥイユ墓地。

主要作品[編集]

歌劇[編集]

  • サッフォー英語版Sapho,1851)
    • E.オージエの台本による3幕のオペラ。1884年に4幕に改訂される。初期作品であるが、時折上演され、終幕のアリア『不滅の竪琴よ』は有名である。
  • 血まみれの修道女英語版La nonne sanglante,1854)
    • A-E.スクリーブとG.ドラヴィーニュの台本による5幕のオペラ。『血にまみれた尼』とも。初期作品であり、演奏や録音は少なかったが、2010年にCPOレーベルからCDがリリースされた。
  • いやいやながら医者にされ英語版Le médecin malgré lui,1858)
    • J.バルビエとM.カレ、作曲者自身の台本による3幕のオペラ・コミーク(モリエール原作)。『にわか医師』とも表記される。1924年のディアギレフによる上演では、エリック・サティがレシタティーフを作曲。
  • ファウストFaust,1859)
    • J.バルビエとM.カレの台本による5幕のオペラ(フランス語の発音では「フォースト」)。最も有名なオペラで、同時に最初に大規模な成功を収めた作品でもある。当初は対話を含むオペラ・コミーク形式であったが、1868年のオペラ座での上演に際して、対話をレシタティーフ化し、オペラ座の慣習に基づいてバレエ音楽を追加する形で改訂しており、現在では、ほぼこの形で上演される。なお、バレエ音楽の作曲者はグノー本人でないとの説がある。また、ドイツでは、原作であるゲーテの「ファウスト」からかけ離れた内容であるとの理由から『マルガレーテ』(ヒロインであるマルグリートを原作通りにドイツ語で発音したもの)と呼ばれることが多かった。
  • 英語版La colombe,1860)
    • J.バルビエとM.カレの台本による2幕のオペラ・コミーク。1924年のディアギレフによる上演では、フランシス・プーランクがレシタティーフを作曲。
  • フィレモンとボーシス英語版Philémon et Baucis,1860)
    • J.バルビエとM.カレの台本による2幕のオペラ・コミーク(オヴィディウスの『変身物語』中の挿話に基づくラフォンテーヌの寓話による)。初演時は3幕構成であったが、1976年の改訂時に2幕とされた。1924年のディアギレフによる上演では、ジョルジュ・オーリックがレシタティーフを作曲。
  • サバの女王英語版La reine de Saba,1862)『シバの女王』とも表記される。
    • J.バルビエとM.カレの台本による5幕のオペラ。
  • ミレイユ英語版Mireille,1864)
    • M.カレの台本による5幕のオペラ(ミストラル原作)。2番目に成功したオペラである。1874年に4幕に改訂されたが成功せず、1889年に3幕のハッピーエンド版が作成され、比較的成功した。しかし、1901年にはオペラ・コミーク座で再度、当初の悲劇的結末の5幕に戻しつつ、レシタティーフではなくセリフによる対話の版が上演され、こちらも成功した。しかし、1939年にレイナルド・アーンとアンリ・ビュッセルによるグノーの当初の意図を復元しようとする版(完全に正確な復元ではないにせよ)が上演され、これが成功すると、以後はこの版に基づく上演が主流となった。
  • ロメオとジュリエットRoméo et Juliette,1867)
    • J.バルビエとM.カレの台本による5幕のオペラ(シェークスピア原作)。『ファウスト』と共に最も知られる作品。ジュリエットのワルツ「私は夢に生きたい」はコロラトゥーラを得意とするソプラノたちに好んで歌われるアリアである。
  • サン=マール英語版Cinq-Mars,1877)
    • L.ガレとP.ポワルソンの台本による4幕のオペラ。サン=マール侯を題材にしており、王(ルイ13世)やマリオン・ドロルム(当時の有名なクルティザンヌ)が登場する。
  • ポリュクト英語版Polyeucte,1878)
    • J.バルビエとM.カレの台本による5幕のオペラ。
  • ザモラの貢ぎ物英語版Le tribut de Zamora,1881)
    • A.P.デリーとJ.ブレジルの台本による5幕のオペラ。ただし台本作者にJ.バルビエとM.カレも関わっているとされる。このオペラを以ってグノーはオペラの作曲を止めたため、最後の作品である。
  • ピエール親方英語版(未完)Maitre Pierre,1877-78)
    • L.ガレの台本による5幕のオペラ(アベラールとエロイーズの物語に基づく)。管弦楽配置が半分ほど終了した時点で放棄された。グノーは、「4部からなる劇的組曲」に素材を流用した(スコアがパリの国立図書館に存在する)。グノーの死後、未亡人がサン・サーンスに完成を依頼し、グノーが完成した部分をつなぐレシタティーフが追加された。1939年に、レイナルド・アーンが最後の場面のみ演奏会形式で上演した。

劇音楽[編集]

  • ユリシーズUlysse,1851)
    • Ponsardの劇のための音楽。全5幕。
  • 町人貴族Le bourgeois gentilhomme,1856)
    • モリエールの劇のための音楽。
  • フランスの2人の王女Les deux reines,1865)
    • ルグヴェの劇のための音楽。全4幕。
  • ジャンヌ・ダルクJeanne d'Arc,1873)
    • J.バルビエの劇のための音楽。全5幕。

交響曲[編集]

宗教音楽・ミサ曲[編集]

  • 聖ツェツィーリアのための荘厳ミサ ト長調英語版Messe solennelle en l'honneur de Sainte Cécile,1855)
    • 3人の独唱陣(S,T,Bs)、合唱、管弦楽とオルガンのための作品。同年に作曲された『荘厳ミサ』より改作したもの。
  • レクイエム ハ長調Requiem en Do majeur,1893)
    • 4人の独唱陣(S,A,T,Bs)、合唱と管弦楽(ピアノまたはオルガンの任意)のための作品。

オラトリオ[編集]

エピソード[編集]

グノーが楽長を務めていたサン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊に、後に画家として著名になるピエール=オーギュスト・ルノワールが、1850年頃から数年間所属していた事がある。グノーはルノワールに声楽を教え、ルノワールの歌手としての才能を高く評価していた。そのため、グノーはルノワールの両親にルノワールをオペラ座の合唱団に入れることを提案したが、断られた。グノーはルノワールを歌手にしようと考えていたので、その才能を惜しんだ。

脚注[編集]

  1. ^ 新編世界音楽全集フランス歌曲集Ⅰ音楽之友社、208頁より引用
  2. ^ 日本ではLIXILのトイレ・INAXのラジオコマーシャル(2016年・CBCラジオほか)で使われている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]