永竹由幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永竹 由幸(ながたけ よしゆき、1938年7月26日 - 2012年5月9日)は、オペラ研究家、評論家、大学教授

経歴[編集]

東京築地生まれ。慶應義塾中等部の頃から歌舞伎を観るほか、藤原歌劇団の練習所に通い詰める。慶應義塾高等学校演劇部に在籍し、市川猿之助作「宝島」の作曲を担当、猿之助と共に白木劇場の舞台に立つ。慶應義塾大学ではオペラ研究会を創立、慶應義塾創立100年記念に若杉弘指揮、メノッティの「電話」を演出。1961年卒業、三井物産に入社、1965年同社イタリア修業生としてボローニャ大学に留学。その後二回にわたり計11年、同社ミラノ店に勤務し、1988年退社。ANFコーポレーション、サウンド・バンク社長を歴任し、1996年退任。1995年より東京藝術大学講師、1998年昭和音楽大学教授[1]

2012年5月9日に前立腺がんのため死去[2]。73歳没。

著書[編集]

  • 『オペラ名曲百科』音楽之友社 1980-1984
  • 『オペラと歌舞伎』丸善ライブラリー 1993 のち水曜社
  • 『オペレッタ名曲百科』音楽之友社 1999
  • 椿姫とは誰か オペラでたどる高級娼婦の文化史』丸善ブックス 2001
    • 『オペラになった高級娼婦 椿姫とは誰か』水曜社
  • 『痛快!オペラ学』集英社インターナショナル 2001  改題「オペラの数ほど愛がある」
  • ヴェルディのオペラ 全作品の魅力を探る』音楽之友社 2002
  • 『ヴェルディへの旅 写真とエッセイでたどる巨匠の生涯』木之下晃写真 実業之日本社 2006
  • 『ロココの裏の欲望 モーツァルトのオペラワールド』ショパン 2006
  • 『ロココのスカートをまくった男モーツァルト』扶桑社 2007
  • ヴォルフ=フェラーリの生涯と作品 20世紀のモーツァルト』水曜社 2007
  • マリーア・カラス 世の虚しさを知る神よ』東京書籍 2007

翻訳[編集]

  • ヴェルディ ディーンレー・ハッセー 音楽之友社 1974

脚注[編集]