米倉斉加年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よねくら まさかね
米倉 斉加年
本名 米倉 正扶三 → 米倉 斉加年
生年月日 1934年7月10日
没年月日 2014年8月26日(満80歳没)
出生地 日本の旗日本福岡県福岡市
死没地 日本の旗日本福岡県福岡市
国籍 日本
職業 俳優、演出家、絵本作家、絵師
ジャンル 演劇
活動期間 1957年 - 2014年
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
明智探偵事務所』シリーズ
国盗り物語
水色の時
風と雲と虹と
花神
春の波涛
ちりとてちん
坂の上の雲
映画
動乱
男はつらいよ』シリーズ
ふしぎな岬の物語

米倉 斉加年(よねくら まさかね、1934年7月10日 - 2014年8月26日)は、日本の俳優演出家絵本作家絵師福岡県福岡市出身。福岡県立福岡中央高等学校卒業、西南学院大学文学部英文科中退。

来歴・人物[編集]

高等学校ではバスケットボール部で主将を務めた。

大学在学中に演劇に目覚め、中退。1957年劇団民藝へ入団、2000年に退団するまで演出家としても活動した。

もとの本名は正扶三(まさふみ)だったが、幼い頃に旅の僧侶により「斉加年」と命名されて以降この名を名乗り続け、後に戸籍上も改名した。

著書『おとなになれなかった弟たちに…』は、中学1年生の国語教科書(光村図書)に採用されている(挿絵も本人によるもの)。第1回、第23回紀伊国屋演劇賞、第11回「新劇」演技賞。

繊細な奇人芸術家・善良だが内気なインテリといった役柄を得意としていた。特にNHKへの出演は多く、大河ドラマではたびたび大役を演じた。

風と雲と虹と』での国司でありながら将門の乱をたきつける皇族・興世王役での怪演をはじめ、『花神』での桂小五郎などは本来二枚目人気スターの当たり役なだけに(しかもこのドラマでは準主役的ポジションである)、民放や現在のNHKでは考えられない起用であったが、高い知性やリーダーシップと神経質さを併せ持つ桂像を構築して見せた点など、同シリーズでの功績は大きい。

明智探偵事務所』での準レギュラー・「博多訛りの」怪人二十面相役も知られている。

善人としての持ち味は山田洋次がよく活かし、『男はつらいよ』シリーズには2度、恋敵役で登板したほか、カメオ出演風に数回顔出しした。山田監督の愛弟子・高橋正圀脚本の『僕の姉さん』でも倍賞千恵子の夫となる美術教師として準主演だった(こちらも善良なインテリキャラクターだった)。

絵師としての腕前も相当で、ボローニャ国際児童図書展にて、1976年の『魔法おしえます』と1977年の『多毛留』で、2年連続グラフィック大賞を受賞したほど(この展覧会で大賞を2年連続で受賞したのは米倉が初めて)。角川文庫の夢野久作作品など、表紙やイラストも多く手掛けている。

「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めている[1]

2014年8月26日、知り合いの結婚式に出席するため、出身地である福岡市に滞在中に宿泊先のホテルで腹痛を訴えた後に倒れて救急車で搬送されたが、同日午後9時33分、腹部大動脈瘤破裂のため、搬送先の同市内の病院で死亡が確認された[2]。80歳没。通夜・葬儀は、近親者や親族のみで執り行われ、10月13日にお別れの会が開かれた[3]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • ニビシ醤油(味噌「里ごころ」、「四季のつゆ」他)
  • モランボン 焼肉のたれ「ジャン」(ジャンは生きている)、辛子明太子、キムチ(生き続ける味、朝鮮の味)、焼魚魚刺身のタレ「ジャン」

著書[編集]

  • Omara & komara 画と話 (東名企画 1972年)
  • 多毛留(たける) (偕成社 1976年)
  • 人魚物語 まさかね絵草紙 (角川書店 1977年)
  • 憂気世絵草紙 (大和書房 1978年4月)
  • 大麻羅小麻羅 (未来工房 1979年10月)
  • MASAKANE 米倉斉加年画集 (集英社 1981年6月)
  • 風よついて来い (松永伍一との対談集 小学館 1983年3月)
  • おとなになれなかった弟たちに…(偕成社、1983年)
  • 道化口上 (影書房 1985年8月)
  • おんな憂気世絵 (講談社 1986年12月)
  • 多毛留・おとなになれなかった弟たちに… (1989年3月 偕成社文庫)
  • 演ずるとは (旬報社 1997年11月)
  • いま、普通に生きる (新日本出版社 2006年4月)

挿画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]