男はつらいよ 寅次郎夢枕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男はつらいよ 寅次郎夢枕
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 島津清
出演者 渥美清
八千草薫
田中絹代
米倉斉加年
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1972年12月29日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 7億6000万円[要出典]
前作 男はつらいよ 柴又慕情
次作 男はつらいよ 寅次郎忘れな草
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎夢枕』(おとこはつらいよ とらじろうゆめまくら)は、1972年12月29日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの10作目。同時上映は『舞妓はんだよ全員集合!!』。

国鉄の「ディスカバー・ジャパン」のキャンペーンポスターにも使用された。

あらすじ[編集]

寅次郎が旅先から帰ってみると、幼馴染の千代(八千草薫)が美容院を開業していた。「お千代さん」と再会した寅次郎は、その美しさにたちまち友達以上の感情を抱くようになり、暇を見つけては千代との逢瀬を楽しんだ。ところが、例によって寅次郎と入れ替わりにとらやの間借り人となった東京大学素粒子物理学専攻の助教授(米倉斉加年)も密かに「お千代さん」に好意を抱いていたことが発覚。寅次郎とは初対面のとき、礼に則って的屋流、話はどんどんややこしくなっていく。「私、寅ちゃんとなら一緒に暮らしてもいい」と「奮闘篇」に続きマドンナにプロポーズされるが…。

冒頭で「お転婆のさっちゃん」という女性の花嫁役で源公役の佐藤蛾次郎の本当の妻が花嫁衣裳を着て登場する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:211万1000人
  • 配給収入:7億6000万円
  • 上映時間:98分

受賞[編集]

同時上映[編集]

外部リンク[編集]