日出塩駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日出塩駅
駅舎(2013年11月)
駅舎(2013年11月)
ひでしお
Hideshio
洗馬 (4.7km)
(5.2km) 贄川
所在地 長野県塩尻市大字宗賀日出塩[1]
所属事業者 JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 中央本線
キロ程 231.0km(東京起点)
165.9km(名古屋起点)
電報略号 ヒテ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
15人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1926年大正15年)12月21日[1]
備考 駅員無配置駅[1]
標高:811.6m[1]
テンプレートを表示
ホーム(2015年10月)
旧駅舎(2009年9月)

日出塩駅(ひでしおえき)は、長野県塩尻市大字宗賀日出塩にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

開業当時からの木造駅舎が存在していたが、2009年に改築工事が行われ、切符回収箱のみが設置されている待合室に建て替えられるとともにトイレが撤去された[1][2]。また、下り線側に昭和初期からの待合室が設置されている[2]木曽福島駅管理の無人駅である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 中央本線 下り 塩尻長野方面[4]
2 上り 中津川名古屋方面[4]

利用状況[編集]

「統計しおじり」によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りとなっている(年間乗車人員を年間日数で割った数字である)。

年度 1日平均
乗車人員
出典
1999年 36
2000年 26 [5]
2001年 28 [5]
2002年 30 [5]
2003年 31 [5]
2004年 28 [5]
2005年 25 [5]
2006年 24 [5]
2007年 25 [1][5]
2008年 19 [5]
2009年 15 [1][5]
2010年 12 [2][6]
2011年 12 [6]
2012年 14 [6]
2013年 17 [6]
2014年 16 [6]
2015年 15 [6]

1日の利用者は15人であり中央本線内の駅では最も少ない。倉本駅十二兼駅よりもわずかだが少ない。

駅周辺[編集]

駅は集落よりやや高台にある。駅前の広場は狭い。

バス路線[編集]

その他[編集]

  • 映画「男はつらいよ 寅次郎夢枕」(1972年)の冒頭(主人公の車寅次郎が夢から覚めた場所)に使われた。D51の重連貨物列車が通過する様子が描かれている。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
中央本線
洗馬駅 - 日出塩駅 - 贄川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』 信濃毎日新聞社、2011年7月24日、163頁。ISBN 9784784071647
  2. ^ a b c d e f 『週刊 JR全駅・全車両基地』48号 岐阜駅・高山駅・奈良井駅ほか68駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年7月21日、20頁。
  3. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』5号 中央本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年8月9日、27頁。
  4. ^ a b 各駅の時刻表|JR東海 (PDF)”. 東海旅客鉄道 (2017年3月). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 統計しおじり2010年(平成22年)版 (Excel)”. 塩尻市 (2011年10月1日). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 統計しおじり2016年(平成28年)版 (Excel)”. 塩尻市 (2017年6月1日). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。

関連項目[編集]