男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 島津清
出演者 渥美清
吉永小百合
高田敏江
宮口精二
音楽 山本直純
主題歌 渥美清『男はつらいよ』
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1974年8月3日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 8億7000万円[要出典]
前作 男はつらいよ 私の寅さん
次作 男はつらいよ 寅次郎子守唄
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』(おとこはつらいよ とらじろうこいやつれ)は、1974年8月3日に公開された日本映画。マドンナ役に再び吉永小百合をむかえた男はつらいよシリーズ第13作目。同時上映は『超能力だよ全員集合!!』。


あらすじ[ソースを編集]

柴又慕情で、歌子の結婚に強く反対する父(宮口精二)を必死で説得して、恋する女性のために一肌脱いだ寅次郎だったが、その歌子と津和野で再会。懐かしい思い出話に花を咲かせた。しかし、そこで歌子から思わぬ話を聞かされて寅次郎は愕然とする。苦労の末に結ばれた夫とは早々に死に別れ、未亡人として婚家で姑らとともにつつましく生活をしているというのだ。歌子は図書館に勤めながらひっそりと暮らしを続けていたが、その姿に哀れみを感じた寅次郎は、歌子を元気付けるために、とらやに招待した。歌子は下宿し、久しぶりに楽しい時間を過ごすようになった。が、歌子は伊豆大島にある心身障害児の施設で働くことになった。

キャッチコピー[ソースを編集]

兄ちゃんは恋をしたんじゃねえ ただあの人が幸せになればいいな そう願っただけよ

スタッフ[ソースを編集]

キャスト[ソースを編集]

ロケ地[ソースを編集]

備考[ソースを編集]

コピー[ソースを編集]

  • 兄ちゃんは恋をしたんじゃねぇ ただ、あの人が 幸せになればいいな そう願っただけよ

観客動員数[ソースを編集]

  • 194万4000人

上映時間[ソースを編集]

  • 104分

配給収入[ソースを編集]

  • 8億7000万円

タンカバイ[ソースを編集]

  • 品物:ビニール傘
  • 場所:益田

外部リンク[ソースを編集]