男はつらいよ 寅次郎恋愛塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男はつらいよ 寅次郎恋愛塾
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
中川滋弘
出演者 渥美清
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1985年8月3日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億円
前作 男はつらいよ 寅次郎真実一路
次作 男はつらいよ 柴又より愛をこめて
テンプレートを表示

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾』(おとこはつらいよ とらじろうれんあいじゅく)は、1985年8月3日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの35作目。

あらすじ[編集]

長崎県五島列島を旅していた寅次郎は、道で転んだ老婆と知り合い、その晩もてなしを受ける。しかし、老婆はその晩急死してしまう。老婆の最期に立ち会った寅次郎、そして、亡くなった老婆の元に、たった一人の孫娘若菜(樋口可南子)が東京から駆けつけた。悲しみに暮れる天涯孤独の娘の姿に、寅次郎は深い同情心を抱きながら、故郷の柴又に帰った。間もなく、若菜から礼状が届くと、寅次郎は記されていた住所を頼りに彼女のアパートを訪ねた。そこで、若菜が失業中である事を知った寅次郎は、博やタコ社長に掛け合って就職の世話を頼んだりした。そんなある日、寅次郎は若菜のアパートの隣に住み、司法試験の勉強をする堅物の青年民夫(平田満)と知り合う。民夫の若菜に寄せる想いを知った寅次郎は、心中複雑ながら、民夫に恋のイロハを教え込むのであった。寅次郎の恋愛指南のおかげもあり初デートは会話も弾みうまくいきアパートの若菜の部屋に誘われる。しかし前夜緊張のあまり一睡もしていなかった民夫は若菜が正直な自分の気持ちを話している最中に眠ってしまい機嫌を損ねてしまう。そのことを寅次郎に相談すると女の気持ちが分からない奴は死んだ方がいいと言われる。それを真に受けた民夫は司法試験をあきらめ失意のうちに秋田に帰郷し行方不明になる。心配して秋田にやって来た寅次郎と若菜らは夏のスキー場で民夫を無事に見つけ出す。リフトの上から想いを打ち明ける若菜。民夫はその後司法試験を諦め中学校の教師になり若菜と結婚した。

キャッチコピー[編集]

惚れているなら勝負しろ!!

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:137万9千人
  • 配給収入:11億円[1]
  • 上映時間:108分

同時上映[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1985年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]