男はつらいよ 寅次郎物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男はつらいよ > 男はつらいよ 寅次郎物語

男はつらいよ 寅次郎物語』(おとこはつらいよ とらじろうものがたり)は、1987年12月26日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの39作目。タイトルは同年の森川時久監督映画『次郎物語』のパロディである。

作品概要[編集]

薄幸の少年のために一緒に母親探しの旅に出る寅次郎(渥美清)が、やはり男運の悪い美人(秋吉久美子)と出会い・・・。時期的には「キネマの天地」(1986年)と「ダウンタウン・ヒーローズ」(1988年)の間に公開されている。山田洋次監督のロード・ムーヴィとしては「家族」(1970年)、「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)がある。美保純演じる桂あけみが出演する最後の作品になった。

ラスト、17歳の満男(吉岡秀隆)の「人間はなんで生きているのかな」の問いに寅次郎が真摯に答える場面については、100年インタビュー(NHKデジタル衛星ハイビジョン2007年11月15日放送)で山田洋次監督が幸せの価値について、やはり自作の「学校」(1993年)と併せて解説した。

あらすじ[編集]

「とらや」を秀吉という男の子が訪ねて来た。テキヤ仲間「般若の政」とふでの子どもだった。政は女・酒・賭博に溺れ、ふでに蒸発され、秀吉を遺して急死。「俺が死んだら寅を頼れ」という遺言で、郡山から柴又へやって来たのだ。「とらや」の皆はびっくりするが、間もなく寅が帰り、「ふでが捨てた」というのを強く擁護する。二人の母親捜しの旅が始まった。天王寺では誘拐犯と間違えられて派出所に連行されたりしたが、ふでが新和歌浦のホテルで働いていることをつきとめた。しかし、訪ねると既に吉野に移ったという。元気のない秀吉を励まし、吉野へ行くがそこにもいなかった。その晩、秀吉は旅の疲れから高熱を出し、旅館で寝込んでしまう。たまたま隣室にいた高井隆子の手厚い看護で少年はたちまち回復する。その日、3人は仲睦まじく近くの観光名所などをめぐった。旅館の主人の勘違いもあって2人はこの数日、「とうさん」「かあさん」と呼び合っていたのだ。隆子は化粧品のセールスマンとして働いていたが、美貌のわりには幸福とはいえない女だった。隆子と別れ、寅と秀吉の旅は続く。吉野からふでが働いているという伊勢・志摩で連絡船を降り、目当ての真珠店へ行くと、病気のため海岸の病院で療養中とのことだった。久しぶりに対面する母と子を見て、寅はホッとするのだった。寅は引きとめられたが、秀吉が自分に未練を感じてはいけないと連絡船の乗り場へと急ぐ。更に、心を鬼にして「一緒に柴又へ帰りたい」という秀吉を叱る。

柴又駅に寅を見送りながら、満男が「人間は何のために生きてんのかな」と問うと寅は「生まれてきてよかったなって思うこと、何べんかあるじゃない。そのために人間生きてんじゃねえのかな」と答え、「そのうちお前にもそういう時が来るよ」と言って別れる。

正月に隆子が「とらや」を訪ねてきた。ふでからの「秀吉と2人で幸せに暮らしています」との賀状を読みながら「とうさんどこかな?」というので「かあさん」と呼び合っていたのはあなたなのねとさくら。二見が浦で露店を開き、仲間と雑談している寅の前をふでと秀吉と連絡船の船長が仲睦まじく歩いているのを「俺たちのような人間が声をかけると迷惑なんだ」と隠れてしまう。

キャッチコピー[編集]

たわむれに“父ちゃん”と呼ばせてみたりして……。 母をたずねて二人旅。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

奈良県吉野和歌山県三重県志摩市伊勢市二見町

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:143万4千人
  • 配給収入:10億5千万円[1]
  • 上映時間:101分

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1988年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟