男はつらいよ 寅次郎物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男はつらいよ > 男はつらいよ 寅次郎物語

男はつらいよ 寅次郎物語』(おとこはつらいよ とらじろうものがたり)は、1987年12月26日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの39作目。

作品概要[編集]

薄幸の少年のために一緒に母親探しの旅に出る寅次郎(渥美清)が、やはり男運の悪い美人(秋吉久美子)と出会い・・・。時期的には「キネマの天地」(1986年)と「ダウンタウン・ヒーローズ」(1988年)の間に公開されている。山田洋次監督のロード・ムーヴィとしては「家族」(1970年)、「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)がある。美保純演じる桂あけみが出演する最後の作品になった。

ラスト、17歳の満男(吉岡秀隆)の「人間はなんで生きているのかな」の問いへ寅次郎が真摯に答える場面については、100年インタビュー(NHKデジタル衛星ハイビジョン2007年11月15日放送)で山田洋次監督が幸せの価値について、やはり自作の「学校」(1993年)と併せて解説した。

あらすじ[編集]

急死したテキヤ仲間の息子秀吉が、ある日突然とらやを訪ねてくる。風の吹くまま、気の向くまま。一人旅をこよなく愛する寅次郎も、今度ばかりは義侠心からその子を連れて母親探しの旅に出るのであった。道中、誘拐犯に間違われたり、秀吉が高熱を出したりと次々とハプニングに見舞われる。少年の看病に四苦八苦していると、たまたま泊まり合わせた隆子(秋吉久美子)の手厚い看護で少年はたちまち回復する。隆子と秀吉を連れて、まるで家族のような時を過ごしたが、いつか隆子との結婚を夢見るようになる。その後吉野へ向かった寅次郎たちは、無事旅館で働く母親に秀吉を会わせることが出来る。喜び合った2人だが、寅次郎は駅のホームで隆子と悲しく別れるのであった。

キャッチコピー[編集]

たわむれに“父ちゃん”と呼ばせてみたりして……。 母をたずねて二人旅。

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

奈良県吉野和歌山県三重県志摩市伊勢市二見町

スタッフ[編集]

記録[編集]

  • 観客動員:143万4千人
  • 興行収入:10億4千円
  • 上映時間:101分

受賞[編集]