島原城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
島原城
長崎県
本丸
本丸
別名 森岳城、高来城
城郭構造 連郭式平城
天守構造 独立式層塔型4重5階(1626年築 非現存)
独立式層塔型5重5階(1964年RC造復興)
築城主 松倉重政
築城年 寛永元年(1624年
主な城主 松倉氏松平(深溝)氏
廃城年 明治3年(1871年
遺構 石垣、堀
指定文化財 長崎県指定史跡
再建造物 天守・丑寅・巽櫓・西櫓(外観復元)
位置 北緯32度47分21.18秒 東経130度22分2.15秒 / 北緯32.7892167度 東経130.3672639度 / 32.7892167; 130.3672639 (島原城)座標: 北緯32度47分21.18秒 東経130度22分2.15秒 / 北緯32.7892167度 東経130.3672639度 / 32.7892167; 130.3672639 (島原城)
地図
島原城の位置(長崎県内)
島原城
島原城
テンプレートを表示
本丸(左)と二の丸(右)
古絵図
復興天守

島原城(しまばらじょう)は、長崎県島原市城内にあった日本の城。別名は「森岳城」や「高来城」。城跡は長崎県指定史跡に指定されている。

概要[編集]

有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する。城郭の形式はほぼ長方形の連郭式平城で、高く頑丈な石垣が特徴である。本丸は周りを水で囲まれており、二の丸廊下橋形式の木橋一本で繋がれている。橋を壊せば本丸を独立させることが出来るが、逆に袋の鼠状態になり、しかも廊下橋は防備上、が当たりにくくなるので、縄張の欠陥とも言える。同じ事例に、高松城の天守曲輪(本丸)がある。また、天守破風を持たない独立式層塔型5重5階(初重の屋根を庇として4重5階とも)で最上階の廻縁高欄を後に戸板で囲ったため「唐造り」のようになっていた。

江戸時代島原藩の政庁であり藩主の居所であった。成立当時の領主である松倉氏の知行は4万であったが、総石垣で天守と櫓49棟を建て並べた。火山灰溶岩流でなる地盤での普請工事は困難であったとされ、続く松倉勝家の代に領民の一揆を引き起こす一因となった。

明治以降は廃城処分となり建物などは撤去され、現在は本丸に天守・櫓・長塀が復興され、城跡公園となっている。

石垣と堀は江戸時代から残っている。堀では1950年代まで農家が栽培していたレンコンが根付いており、秋にレンコン掘り大会が開かれる[1]

歴史・沿革[編集]

江戸時代[編集]

近現代[編集]

  • 1871年明治4年) - 廃藩置県により、島原県となる。この時の藩主は松平(深溝)家であった。
  • 1874年(明治7年) - 廃城令により、廃城処分となり土地建物などが民間に払い下げとなる。
  • 1876年(明治9年) - 天守以下建造物が破却される。本丸は畑地となり、三の丸には島原中学(現・島原高校)など学校が建ち並んだ。
  • 1960年昭和35年) - 西櫓復元。
  • 1964年(昭和39年) - 天守復元。キリシタン資料・藩政時代の資料を展示する歴史資料館となっている。
  • 1972年(昭和47年) - 巽櫓復元。巽櫓は地元出身の彫刻家北村西望の作品を展示する西望記念館となっている。
  • 1980年(昭和55年) - 丑寅櫓、長塀復元。
  • 1996年平成8年) - 雲仙普賢岳噴火災害を伝える「観光復興記念館」開館。
  • 2006年(平成18年)4月6日 - 日本100名城(91番)に選定された。
  • 2016年(平成28年)2月18日 - 城跡が長崎県指定史跡に指定[2]
  • 2021年(令和3年)3月 - 『長崎県指定史跡島原城跡保存活用計画』を策定

遺構[編集]

建物[編集]

城内に再移築された建造物として、御馬見所(おんうまみしょ)がある。また、搦手門であった諫早門の門扉が城内の民具資料館丑寅櫓の中で展示されている。この他、雲仙市小浜町の歴史資料館に二の丸御門が、市内本光寺町の本光寺常盤歴史資料館に三の丸にあった御茶屋常磐御殿が、それぞれ移築され現存する。

本丸・二の丸にある施設[編集]

イベント[編集]

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 西ヶ谷恭弘 編 『定本 日本城郭事典』秋田書店、2000年、424-426頁。ISBN 4-253-00375-3 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]