松倉勝家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
松倉 勝家
時代 江戸時代前期
生誕 慶長2年(1597年
死没 寛永15年7月19日1638年8月28日
別名 重次
官位 従五位下、長門
幕府 江戸幕府
肥前島原藩
氏族 松倉氏
父母 父:松倉重政
兄弟 勝家重利三弥
正室:片山与安の娘

松倉 勝家(まつくら かついえ)は、江戸時代前期の大名肥前島原藩2代藩主。初代藩主・松倉重政の嫡男。領国に悪政を敷き、島原の乱を引き起こした。

乱の鎮定後は江戸幕府に領国経営失敗と反乱惹起を問責され、大名としては異例の斬首刑に処された。

生涯[編集]

父・重政と共に島原城とその城下町の新築、参勤交代の費用、計画のみで頓挫したルソン遠征の準備など種々の口実を設け、また独自に検地を実施して実質4万石程度の石高を10万石と過大に見積もり、領民に10万石相当の過重な年貢・労役を課した。これには豪勢な島原城を改築(城を全面白色に塗色するなど)し、他藩に自己の存在をアピールしようという意図があった(外様大名故のコンプレックスがあったと小和田哲男が指摘している)[1]。さらに、領内に多かったキリシタンへの弾圧も残忍を極めた。

寛永7年(1630年)に父・重政が急逝した後を受けて藩主となってからは、父をも凌ぐ過酷な収奪を行って領民を苦しめた。寛永11年(1634年)は悪天候と旱魃から凶作となったが、勝家は容赦せず重税を取立てた。米や農作物の徴収だけでなく、人頭税や住宅税などありとあらゆる税を新設して厳格に取り立てたことが多くの記録に残る(『鍋島勝茂公譜』、オランダ商館長ニコラス・クーケバッケルの日記など)。

やがて勝家は年貢を納められない農民や、村の責任者である庄屋から、妻や娘を人質に取るようになる。前述のクーケバッケルや島原の乱の記録を残した長崎ポルトガルドアルテ・コレアは、人質の若い娘や子供に藁を着せて火をつけ、もがきながら焼死する姿を「蓑踊り」と呼んでいたという記録を残している。

黒田長興一世之記』によれば、寛永14年(1637年)10月、口の津村の庄屋・与左衛門の妻は身重のまま人質にとられ、冷たい水牢に裸で入れられた。村民は庄屋宅に集まり何とか年貢を納める方法を話し合ったが、もう出せるものは何もなかった。庄屋の妻は6日間苦しみ、水中で出産した子供と共に絶命した。たまりかねた領民は、10月25日ついに蜂起し、代官所を襲撃して代官を殺害した。これが島原の乱の始まりである。

乱の鎮圧後、寛永15年4月4日1638年5月17日)、勝家は肥前唐津藩主・寺沢堅高と共に反乱惹起の責任を問われた。勝家は改易、所領を没収され、4月12日には美作津山藩主・森長継に預けられた。『嶋原一揆松倉記』によれば、屋敷にあった桶の中から農民と思われる死体が出てきたため、これが決め手となり、5月になって取り調べのため江戸に護送され、同年7月19日に江戸の森家下屋敷で斬首刑に処せられた。この時代、大名が名誉の刑である切腹さえも許されず一介の罪人として斬首刑に処せられることは異例で、江戸時代を通じてこの一件のみである。大反乱を引き起こす原因を作った勝家の失政を幕府側が極めて重大な罪と見なしていたことを示している。

勝家には2人の弟がいたが、次弟の重利は讃岐国陸奥国会津と預けられ、明暦元年(1655年)に自殺。末弟の三弥は命は助けられたものの浪人となってしまった。重利の系統は300俵の旗本として存続している。

脚注[編集]