松平忠精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠精
時代 江戸時代後期
生誕 天保3年6月17日1832年7月14日
死没 安政6年6月28日1859年7月27日
改名 岩松丸(幼名)→忠精
墓所 愛知県額田郡幸田町深溝の本光寺
官位 従五位下主殿頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
肥前島原藩
氏族 深溝松平家
父母 父:松平忠侯、母:阿部正精
養父:松平忠誠
兄弟 恭之助、忠誠、万次郎、忠精、鍵吉郎、繁丸
正室:酒井忠器娘・俊光院
継室:伊達宗紀娘・正子
嶽丸、狡姫、珓子
養子:忠淳

松平 忠精(まつだいら ただきよ)は、江戸時代後期の大名肥前国島原藩5代藩主。島原藩深溝松平家11代。官位従五位下主殿頭

生涯[編集]

天保3年(1832年)6月17日、8代藩主・松平忠侯の四男として誕生。弘化4年(1847年)に兄で9代藩主・忠誠が死去したため、その養子として家督を継いだ。嘉永元年(1848年)12月16日、従五位下・主殿頭に叙位・任官する。

藩政では外国船に対する脅威に対抗するため、長崎警備と軍事力の強化に努めた。しかし軍事力増強に加え、水害や旱魃などの天災が相次いで藩財政の悪化を招き、借金や年貢増徴政策、倹約令を出すなどして財政再建を行なおうとした。ところが年貢増徴政策には百姓の不満を招き、弘化4年(1847年)12月に平松かぶりという百姓一揆を引き起こすこととなり、以後は貧農救済に努めざるを得なくなった。嘉永2年(1849年)にはシーボルトの弟子・賀来佐一郎を招聘して種痘を実施している。

安政6年(1859年)6月28日に死去した。享年28。跡を養子・忠淳が継いだ。

系譜[編集]