松平忠誠 (肥前国島原藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠誠
時代 江戸時代後期
生誕 文政7年1月17日1824年2月16日
死没 弘化4年4月16日1847年5月30日
改名 勝次郎・又八郎(幼名)、忠誠
別名 縫殿(通称)
墓所 愛知県額田郡幸田町深溝の本光寺
官位 従五位下、主殿頭
幕府 江戸幕府
肥前島原藩
氏族 深溝松平家
父母 父:松平忠侯、母:阿部正精の娘
兄弟 恭之助忠誠万次郎忠精鍵吉郎繁丸
正室:太田資始の娘
実子:なし、養子:忠精

松平 忠誠(まつだいら ただなり)は、肥前島原藩の第4代藩主。島原藩深溝松平家10代。

文政7年(1824年)1月17日、第8代主・松平忠侯の次男として生まれる。天保11年(1840年)4月9日、父が42歳の厄払いの宴会の最中に病に倒れ急死したため家督を継ぎ、12月16日に従五位下・主殿頭に叙位・任官する。藩政ではシーボルトの弟子となって西洋医学を学び、藩の医学校・済衆館に薬草園を作り、薬草を栽培させた。

弘化4年(1847年)4月16日、江戸で病死した。享年24。跡は弟で養子の忠精が継いだ。