島原武家屋敷街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
島原武家屋敷街
140321 The old samurai residence town Shimabara Nagasaki pref Japan01b6s4.jpg
所在地 長崎県島原市下の丁
位置 北緯32度47分32.6秒 東経130度21分46.0秒 / 北緯32.792389度 東経130.362778度 / 32.792389; 130.362778座標: 北緯32度47分32.6秒 東経130度21分46.0秒 / 北緯32.792389度 東経130.362778度 / 32.792389; 130.362778
文化財 島原市指定町並み保存地区(1977年指定)
所在施設・区域 山本邸、篠塚邸、鳥田邸、水神祠、時鐘楼、さかきばら郷土史料館
テンプレートを表示
下の丁の水路

長崎県島原市武家屋敷街(ぶけやしきがい)は、狭義では江戸時代島原藩徒士が居住していた島原城外郭の西側の当時鉄砲町(鉄砲丁)と呼ばれていた地区の一部で町並み保存地区に指定される「下の丁」を指す。 広義では上新丁、下新丁、古丁、中の丁、下の丁、新建、江戸丁の7つの地区と城内の一部の総称である。武家屋敷武家屋敷通りとも呼ばれる。

当地区は、先ず松倉重政による島原城築城期(1618年 - 1624年)に下の丁・中の丁・古丁が築かれたとされ、次いで松平忠房入封後の17世紀後半に上新丁・下新丁・新建が築かれ、幕末に江戸丁が築かれる。明治維新まで、それら7つの町筋には総て街路の中央に湧水の水路が設けられていた。今日その名残は下の丁の約406メートルの街路に見ることができる。

下の丁には水路の他にも、街路沿いに連続する石垣や幕末から明治初頭に竣工した3棟の武家屋敷等が現存しており、その景観は、昭和52年(1977年)の市の町並み保存地区(武家屋敷街並み保存地区)指定、平成15年度(2003年)「島原武家屋敷街地区」の名称での都市景観大賞「美しいまちなみ賞」大賞受賞[1]など、近年高い評価を得ている。

施設[編集]

利用情報[編集]

  • 武家屋敷(山本邸、篠塚邸、鳥田邸)の公開時間は9:00~17:00。年末年始は非公開。

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 島原武家屋敷通り 長崎県HP(2017年5月28日閲覧)
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 現地案内版(武家屋敷広場)

外部リンク[編集]