鬼ノ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:ノートに記載の画像提供をお願いします。2016年8月
logo
鬼ノ城
岡山県
角楼(左)と西門(右)
角楼(左)と西門(右)
城郭構造 古代山城神籠石式山城
築城主 (推定)大和朝廷
築城年 (推定)7世紀後半頃
廃城年 不明
遺構 城門、角楼、石塁、土塁、水門、敷石
指定文化財 国の史跡「鬼城山」に包含
再建造物 城門、角楼、土塁
位置 北緯34度43分35.53秒
東経133度45分46.49秒
座標: 北緯34度43分35.53秒 東経133度45分46.49秒
西門(復元)

鬼ノ城(きのじょう)は、岡山県総社市の鬼城山(きのじょうさん)に築かれた[1]日本古代山城神籠石式山城)である。城跡は、1986年(昭和61年)3月25日、国の史跡(指定名称は「鬼城山」)に指定されている[2]

概要[編集]

鬼ノ城は吉備高原の南端に位置し、標高397メートルの鬼城山の山頂部に所在する。すり鉢を伏せた形の山容の7〜9合目の外周を、石塁土塁による城壁鉢巻状に2.8キロメートルに渡って巡る。城壁で囲まれた城内の面積は約30ヘクタールである。城壁は土塁が主体で、城門4か所・角楼1か所・水門6か所などで構成される[3]。そして、城壁を保護するための敷石の発見は国内初のことであった。城内では、礎石建物跡7棟・掘立柱建物跡1棟・溜井・烽火場・鍛冶遺構などが確認されている[4]。「歴史と自然の野外博物館」の基本理念に基づき、西門と角楼や土塁が復元された[5]。その他、城門・水門・礎石建物跡・展望所・見学路などの整備とともに、鬼城山ビジターセンターと駐車場を整え、「史跡・自然公園」として一般公開されている。

城壁は、幅7メートル・高さ6〜7メートルの版築土塁が全体の8割強を占める。城壁最下の内外に1.5メートル幅の敷石が敷設されており、石城の趣が強い[6]。流水による城壁の崩壊を防止するための水門が、防御正面に集中する。城壁下部の2〜3メートルに石垣を築いて水口を設け、通水溝の上部を土塁で固めた水門が4か所ある[注 1]。他の2か所は、石垣の間を自然通水させる浸透式の水門である[7]。また、水門の城内側の2か所の谷筋で、土手状遺構が発掘された。土石流や流水から城壁を守るためと、水を確保するための構築物である[8]。そして、第0水門の城壁下部で、マス状の石囲の浅い貯水池が発掘され、多くの木製品が出土した[9]

城門は、防御正面に東門・南門・西門、防御背面に北門の4ヵ所が開く。主の進入路と思われる場所に西門があり、西門の北側約60メートルの隅かどに角楼が[注 2]ある。各々の城門は、門礎を添わせた掘立柱で、門道は石敷きである。西門は平門構造で、他の門は懸門構造[注 3]である。東門は間口1間×奥行2間で6本の丸柱構造。南門は間口3間×奥行2間で12本の角柱構造。中央の1間が出入り口で、本柱は一辺が58cm角である。西門は南門と同じ柱配列で、本柱は一辺が60cm角である。そして、門道の奥に4本柱の目隠し塀がある[注 4]。北門は間口1間×奥行3間の8本の柱構造。本柱は一辺が55cmの角柱で、他は丸柱である。そして、門道に排水溝が埋設されている[注 5]。西門周辺と角楼に至る土塁の上面の柱穴の並びは、板塀のための柱跡である。そして、防御正面で目立つ2か所の張り出しは、石垣で築かれている[7]

城内の中心部には、食糧貯蔵の高床倉庫と思われる礎石総柱建物跡5棟、管理棟と思われる礎石側柱建物跡2棟が発掘された。また、12基の鍛冶炉の発掘は、鉄器製作の鍛冶工房とされ、羽口・鉄滓・釘・槍鉋・砥石などが出土する。他の出土遺物は、須恵器の円面・甕・壺・食器類に加え、土師器の製塩土器・椀・皿などがある[8]

鬼ノ城は、山城に必要な設備がほぼ備わっている。未完成の山城が多い中で稀な、完成した古代山城といえる[10]

鬼ノ城の南麓の低丘陵が南北から突出して狭くなった田園地帯に、水城状遺構がある。版築状の土塁で、長さ約300m×高さ約3m×基底部幅約21mを測り、土塁の上部に人々が集住する。水城大野城の関係と同様に、鬼ノ城への進入路を遮断した軍事施設とされている[11]

瀬戸内海は、いにしえから海外交流交易の主海路である。東端の難波津(港)の西方、約180キロメートルに吉備津(港)は[注 6]位置する。吉備津の西方、約240キロメートルに那大津(港)の博多がある。吉備津は、東西航路のほぼ中間点に位置する。鬼ノ城の山麓一帯は、勢威を誇った古代吉備の中心部であり、鬼ノ城は吉備津から約11キロメートルである[12]

鬼ノ城は、いにしえから吉備津彦命による温羅退治の、伝承地として知られていた。苔むした石垣が散在する状況から、城跡らしいと判断され、「キのシロ」と呼んでいた。「キ」は、百済の古語では城を意味し、後に「鬼」の文字をあてたにすぎない。「鬼ノ城」は「シロ」を表す、彼の地と此の地との言葉を重ねた名称である[12]

礎石建物群の周辺では、仏教に関わる瓦塔水瓶・器などの遺物が出土している。鬼ノ城の廃城後の飛鳥時代から平安時代にかけて、山岳寺院が営まれている[8]

鬼城山の山頂では、眼下に総社平野・岡山平野西部・岡山市街が一望できる。児島半島の前方は瀬戸内海、海の向こうの陸は香川県である。坂出市の「讃岐城山城」と高松市の「屋嶋城」が視野[注 7]にいる[7]

歴史[編集]

鬼ノ城は7世紀後半に築かれたとされ、白村江の戦いの大敗の後に新羅の侵攻に備え、(日本)が築いたとされている。しかし、史書に記載がなく、築城年は不明である[8]。『日本書紀』に記載された、関連事項は下記の通りである。

調査研究[編集]

  • 考古学的研究は、1971年(昭和46年)の高橋護の踏査による、土塁の列石と水門の発見を[13]嚆矢とする[3]
  • 1978年(昭和53年)、山陽放送25周年記念事業として、「鬼ノ城学術調査団」による、初の学術調査が[14]実施された[3]
  • 発掘調査は、1994年(平成6年)から総社市教育委員会で開始された。成果報告は、『鬼ノ城 角楼および西門の調査』、1997年、『鬼ノ城 南門跡ほかの調査』、1998年、『鬼ノ城 西門跡および鬼城山周辺の調査』、1999年、『鬼ノ城 登城道および新水門の調査』、2001年、で報告されている。また、総社市の鬼城山史跡整備事業に伴う発掘調査が継続された。成果報告は、『古代山城 鬼ノ城』、2005年、『古代山城 鬼ノ城 2』、2006年、で報告されている。
  • 城内の発掘調査は、1999年(平成11年)から岡山県教育委員会で開始された。成果報告は、『国指定史跡 鬼城山』、2006年、『史跡 鬼城山 2』、2013年、で報告されている。
  • 鬼ノ城は、地元に定着した朝鮮半島系の人達が動員され、他地域にないような古代山城を造ったと思われる。また、発掘された土器を見れば、667年頃の築造はあり得ると思われる[15]
  • 九州管内の城も、瀬戸内海沿岸の城も、その配置・構造から一体的・計画的に築かれたもので、七世紀後半の日本が取り組んだ一大国家事業である[16]
  • 1898年(明治31年)、高良山列石遺構が学会に紹介され、神籠石の名称が定着した。そして、その後の発掘調査で城郭遺構とされた。一方、文献に記載のある屋嶋城などは、「朝鮮式山城」の名称で分類された。この二分類による論議が長く続いてきた。しかし、近年では、学史的な用語として扱われ、全ての山城を共通の事項で検討することが定着してきた。また、日本の古代山城の築造目的は、対外的な防備の軍事機能のみで語られてきたが、地方統治の拠点的な役割も認識されるようになってきた[17]

その他[編集]

  • 2006年4月6日、日本100名城(69番)に選定された。
  • 国指定史跡「鬼城山」の指定面積の公有化を1990年に終える。城内域の70パーセントを岡山県が、外郭線の下方を含む他の面積を総社市が所有する[3]
  • 城内の試掘調査に先立ち、地元住民他の湿地の自然保護の要望に対し、岡山県と総社市の教育委員会を交えて「文化財保護と自然保護」の調整が行われた[18]
  • 鬼城山の森林植生は健全なアカマツであり、特異な事例と言える[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 国内の古代山城では、排水溝を石垣の最下部に設けるのが一般的であり、鬼ノ城の水口のある水門は特異な事例である。
  2. ^ 角楼は、防御背面側と西門の防御施設と思われ、朝鮮半島では雉城(ちじょう)と称する。金田城と屋嶋城の浦生地区の遺構にも類例がある。
  3. ^ 朝鮮半島の山城をルーツとする様式で、城門の入口に進入しにくい段差のある城壁を設け、普段は梯子などで出入りし、戦闘時は撤去する構造の門で、防御性能を高める構造である。
  4. ^ 国内の古代山城では、大野城の大宰府口城門に類例があり、鬼ノ城の西門は二例目である。
  5. ^ 門道に埋設された排水溝の発掘は、国内の古代山城では初の事例である。その後、屋嶋城で二例目が発掘されている。
  6. ^ 古代の海岸線は内陸に深く入りこみ、児島半島は「」であり、吉備の穴海は瀬戸内海の西方に通じた海路であった。
  7. ^ 坂出市の国指定史跡「城山」まで約50km、高松市の国指定史跡・天然記念物「屋島」まで約52kmである。

出典[編集]

  1. ^ 電子国土基本図(地図情報)ー国土地理院
  2. ^ 鬼城山 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  3. ^ a b c d 村上幸雄 乗岡 実 著 『鬼ノ城と大廻り小廻り』、吉備人出版、1999年、41〜47頁。
  4. ^ a b 岡山理科大学 岡山学研究会 著 『鬼ノ城と吉備津神社』、吉備人出版、2009年、26・51頁。
  5. ^ 谷山雅彦 著 『鬼ノ城』、同成社、2011年、161頁。
  6. ^ 葛原克人 「鬼ノ城跡」 『東アジア考古学辞典』、東京堂出版、2007年、132頁。
  7. ^ a b c 村上幸雄 「古代山城の魅力」『古代山城・鬼ノ城を歩く』、吉備人出版、2002年、10〜22頁。
  8. ^ a b c d 岡山県古代吉備文化財センター 編集/発行 『ここまで分かった 鬼ノ城』(鬼ノ城発掘調査報告会)、2013年、2・4・8・11頁。
  9. ^ 総社市教育委員会 編集/発行 『古代山城 鬼ノ城 ー展示ガイドー』、2005年、27頁。
  10. ^ 平井典子 「鬼ノ城」『季刊 考古学』136号、雄山閣、2016年、91頁。
  11. ^ 松尾洋平 「古代山城 鬼ノ城ー発掘調査成果から展望するー」『溝漊』 第14号、古代山城研究会、2009年、49頁。
  12. ^ a b 葛原克人 「吉備の古代山城」『古代山城・鬼ノ城を歩く』、吉備人出版、2002年、148〜152頁。
  13. ^ 高橋 護 「鬼城山・築地山」『考古学ジャーナル』 NO.117、ニュー・サイエンス社、1978年。
  14. ^ 坪井清足ほか 『鬼ノ城』、鬼ノ城学術調査委員会、1980年。
  15. ^ 亀田修一 「古代山城は完成していたのか」『古代山城の成立と鞠智城』鞠智城シンポジウム2013(東京会場・大阪会場)、熊本県教育委員会、2014年、41・43頁。
  16. ^ 狩野 久 「西日本の古代山城が語るもの」『岩波講座 日本歴史』 第21巻 月報21、岩波書店、2015年、2・3頁。
  17. ^ 赤司善彦 「古代山城研究の現状と課題」『月刊 文化財』 631号、第一法規、2016年、10・13頁。
  18. ^ 〜鬼ノ城発掘 県教委と住民合意 来月から試掘調査着手〜。山陽新聞、1999年7月30日閲覧。

現地情報[編集]

  • 城跡の見学は、終日、無料公開であるが夜間照明はない。鬼城山ビジターセンターには、約70台の無料の駐車場が整備されているが、飲料水の自販機は設置されていない。
  • 他の現地情報は、外部リンクの「鬼城山ビジターセンター」などを参照のこと。

参考文献[編集]

  • 文化庁文化財部 監修 『月刊 文化財』 631号(古代山城の世界)、第一法規、2016年。
  • 小田 富士雄 編 『季刊 考古学』136号(特集 西日本の「天智紀」山城)、雄山閣、2016年。
  • 西谷 正 編 『東アジア考古学辞典』、東京堂出版、2007年。ISBN 978-4-490-10712-8
  • 小島憲之 他 項注・訳 『日本書紀 ③』、小学館、1998年。ISBN 4-09-658004-X
  • 総社市教育委員会 編集/発行 『古代山城 鬼ノ城 ー展示ガイドー』、2012年。
  • 岡山県立博物館 編集/発行 『鬼ノ城 〜謎の古代山城〜』、2010年。
  • 第4回 古代山城サミット髙松大会実行委員会 編 『第4回 古代山城サミット髙松大会 資料集』、高松市、2013年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]