狩野久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狩野 久(かのう ひさし、1933年8月5日 - )は、日本の歴史学者。元岡山大学教授。専門は日本古代史、木簡学、古代都城史。北海道斜里町出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1963年 奈良国立文化財研究所入所
  • 1977年 奈良国立文化財研究所平城宮跡発掘調査部長
  • 1980年 奈良国立文化財研究所飛鳥藤原京跡発掘調査部長
  • 1986年 文化庁記念物課主任調査官
  • 1991年 岡山大学文学部史学科教授
  • 1995年 岡山大学文学部歴史文化学科教授(1999年3月まで)
  • 京都橘女子大学文学部教授

学外における役職[編集]

1991年から木簡学会会長をつとめた。

著書[編集]

  • 『日本古代の都城と国家』(編著) 塙書房、1984年
  • 『日本古代の国家と都城』 東京大学出版会、1990年
  • 『古代を考える 古代寺院』(編著) 吉川弘文館、1999年