筑紫国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

筑紫国(つくしのくに)は、律令制成立以前の(現在の行政機構において)の一つである。『国造本紀』によれば、阿部臣と同祖の大彦命の5世孫にあたる田道命が、成務朝に筑紫の国造(くにのみやつこ)に任じられたとされる。その領域は現在の福岡県のうち、東部(豊前国)を除いた大部分にあたる。

概要[編集]

古事記』・国産み神話においては、隠岐の次、壱岐の前に筑紫島(九州)を生んだとされ、さらにその四面のひとつとして、別名を「白日別(シラヒワケ)」といったとされる。

次生、筑紫島。此島亦、身一而、有面四。面毎有名。故、筑紫国謂、白日別豊国、言、豊日別。肥国、言、建日向日豊久士比泥別。熊曾国、言、建日別。

7世紀末までに筑前国筑後国とに分割された。両国とも筑州(ちくしゅう)と呼ばれる。また、筑前国と筑後国の両国をさす語としては、二筑(にちく)・両筑(りょうちく)も用いられる。

語源[編集]

(江戸期の文献[1]の説によると) 「筑紫」とは「西海道」すべてを言うのではなく、「筑前」のみを言うのである。そして、筑前が古来、異国から「大宰府」へ向かう重要な路であったため、それが石畳にて造られていた。それを称して「築石」といい、これがなまって「筑紫」となったのである。石畳の道は筑前の海岸に現存しているという。

脚注[編集]

  1. ^ 尾崎雅嘉[蘿月菴國書漫抄」吉川弘文館(日本随筆大成 巻2)、1927年,500頁が引用する「益軒文集」、著者は19世紀初頭の人、貝原益軒は17~18世紀の人である。

関連項目[編集]