弁韓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
弁韓
辰国
辰韓
? - ? 任那

弁韓の位置
朝鮮半島の地図

首都 不明
元首等

xxxx年 - xxxx年 不明

変遷

不明 xxxx年xx月xx日

朝鮮歷史
朝鮮の歴史
考古学 櫛目文土器時代 8000 BC-1500 BC
無文土器時代 1500 BC-300 AD
伝説 檀君朝鮮
史前 箕子朝鮮
辰国 衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 漢四郡
馬韓 帯方郡 楽浪郡

三国 伽耶
42-
562
百済
前18-660
高句麗
前37-668
新羅
前57-
南北国 熊津安東都護府
統一新羅
鶏林州都督府
676-892
安東
都護府
668-756
渤海
698
-926
後三国 新羅
-935

百済

892
-936
後高句麗
901
-918
女真
統一
王朝
高麗 918-
遼陽行省
東寧双城耽羅
元朝
高麗 1356-1392
李氏朝鮮 1392-1897
大韓帝国 1897-1910
近代 日本統治 1910-1945
現代 連合軍軍政期 1945-1948
大韓民国
1948-
朝鮮民主主義
人民共和国

1948-
Portal:朝鮮

弁韓 (べんかん)は、紀元前2世紀末から4世紀にかけて朝鮮半島南部に存在した三韓の一つ。弁辰とも言う。

弁韓は12の諸小国に分立していたが、それらの諸小国の首長は称号を持ち、最大のものは臣智(しんち)と言ったが、臣智とは「臣たるもの」の謂であり、中国皇帝に対する臣下のことであり、それを諸国の首長の立場から表現したものである[1]

領域[編集]

馬韓の東、辰韓の南、日本海に接し、後の任那加羅と重なる場所にあった地域である。その境は、辰韓と接しており、入り組んでいた。

のち、金官国(駕洛国)がこの地域の盟主となり、それぞれの国家の連合をつくった。

社会・風俗[編集]

三国志』魏書弁辰伝によると、辰韓と弁辰(弁韓)は、風俗や言語が似通っていたという。土地は肥沃で、五穀の栽培に適していた[2]を飼い、縑布を作った[2]。大鳥の羽根を用いて死者を送るがそれは、死者を天空に飛揚させるという意味であった[2]の産地であり、韓、などが採掘していた[2]。市場での売買では鉄が交換されており、それは中国での金銭使用のようであった[2]

また倭人とも習俗が似ており、男女とも入れ墨をしていたとある[2]。武器は馬韓と同じであった[2]。礼儀がよく、道ですれ違うと、すすんで相手に道を譲った[2]

史書における記録[編集]

弁韓12カ国[編集]

弁韓は12国に分かれていた。魏書では弁韓と辰韓はあわせて24国あるとされるが、辰韓馬延国が重複掲載されている。[7][8]

  1. 弁辰彌離彌凍国
  2. 弁辰接塗国
  3. 弁辰古資彌凍国
  4. 弁辰古淳是国
  5. 弁辰半路国
  6. 弁辰楽奴国
  7. 弁辰彌烏邪馬国
  8. 弁辰甘路国
  9. 弁辰狗邪国
  10. 弁辰走漕馬国
  11. 弁辰安邪国
  12. 弁辰瀆盧国

歴史[編集]

三韓時代[編集]

朝鮮半島南部の洛東江下流地域には、紀元前5世紀から紀元前4世紀にかけて無紋土器(無文土器)を用いる住民が定着しはじめた。彼らは農耕生活をしながら支石墓を築造し、青銅器を用いた。紀元前1世紀頃に青銅器と鉄器文化を背景に社会統合が進み、慶尚北道大邱慶州地域に辰韓諸国が現われた。

紀元前後にこれらの製鉄技術が慶尚南道海岸地帯に普及したことで、この地域は豊かな鉄産地の保有と海運の良好な条件によって相当な富と技術を蓄積するようになった。それによって社会統合が進み、弁韓諸国が登場してくる。

駕洛国(金官伽耶)[編集]

2世紀から3世紀、政治的には辰韓と弁韓に大きく分けられていた。弁韓地域の中で一番優勢な勢力は金海市付近の駕洛国(金官伽耶)であった。金官伽耶は、自身を盟主として前期伽耶連盟[9]を形成し、対外的に周辺地域と交易を行い、斯盧新羅)を中心とする辰韓と勢力を争った。

4世紀初に至り高句麗楽浪郡帯方郡を消滅させて新羅にまで勢力を及ぼすようになった。

倭国と高句麗の戦争[編集]

4世紀末から5世紀前半にかけては広開土王碑文によれば、391年、倭が百済と新羅を破り臣民とする[10]393年には倭が新羅の王都を包囲する[11]397年、百済が倭国に阿莘王の王子腆支を人質に送り国交を結んだ[12]。いったん高句麗に従属した百済が、399年高句麗を裏切り倭と通じる[10]400年には倭が新羅の王都を占領していた[10]。高句麗の広開土王が新羅の要請に応じて軍を派遣し、倭軍を任那加羅に退かせ、高句麗軍はこれを追撃した[10]402年、新羅も倭国に奈勿王の子未斯欣を人質に送り国交を結ぶ。404年には高句麗領帯方界にまで倭が攻め込んでいる[10]

日本書紀神功皇后49年3月条に神功皇后が新羅へ親征し服属させた三韓征伐の記事に、将軍荒田別(あらたわけ)及び鹿我別(かがわけ)を派遣し、

  • 比自ホ(火+保)(ひじほ)
  • 南加羅(ありしひのから)
  • 喙国(とくのくに)
  • 安羅(あら)
  • 多羅(たら)
  • 卓淳(たくじゅん)
  • 加羅(から)

の七カ国を平定した。さら西方に軍を進めて、

  • 比利(ひり)
  • 辟中(へちゅう)
  • 布弥支(ほむき)
  • 半古(はんこ)

の四つの邑を降伏させた記事がある。

脚注[編集]

  1. ^ 李成市 『古代東アジアの民族と国家』 岩波書店1998年3月25日、18頁。ISBN 978-4000029032
  2. ^ a b c d e f g h 『東アジア民族史1 正史東夷伝』東洋文庫264、平凡社,1974年。井上秀雄他訳注。270-273頁
  3. ^ 弁韓
  4. ^ 弁韓
  5. ^ 『東アジア民族史1 正史東夷伝』東洋文庫264、平凡社,1974年。井上秀雄他訳注。264頁
  6. ^ 弁韓
  7. ^ 『東アジア民族史1 正史東夷伝』東洋文庫264、平凡社,1974年。井上秀雄他訳注。270頁。魏書烏丸鮮卑東夷伝の弁辰伝
  8. ^ 三國志/卷30
  9. ^ この呼称は文献史料には出現せず、近年の歴史学における新しい概念である。
  10. ^ a b c d e 広開土王碑
  11. ^ 三国史記
  12. ^ 三国史記

参考文献[編集]

  • 『東アジア民族史1 正史東夷伝』東洋文庫264、平凡社,1974年。井上秀雄他訳注。
  • 井上秀雄 『古代朝鮮』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1972年
  • 『朝鮮史』 武田幸男編、山川出版社〈新版世界各国史 2〉、2000年8月。ISBN 4-634-41320-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 弁韓
  • [1]三国志魏書烏丸鮮卑東夷伝全文。