糟屋屯倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

糟屋屯倉(かすやのみやけ)は、古墳時代筑紫国にあった屯倉。現在の福岡県糟屋郡付近と推測される。

継体天皇21年(527年)、筑紫国造磐井が反乱を起こしたが、翌年の継体天皇22年(528年)11月に物部麁鹿火によって鎮圧された[1]。磐井の子葛子は、父に連座して誅せられることをおそれて、この屯倉を献上し死罪を免ぜられたという[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本書紀』継体天皇22年11月条。
  2. ^ 『日本書紀』継体天皇22年12月条。

関連項目[編集]