穂波郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県穂波郡の位置

穂波郡(ほなみぐん)は、福岡県筑前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 筑前福岡藩 59村 小正村、弁分村、徳前村、堀池村、薦田村、忠隈村、南尾村、秋松村、枝国村、若菜村、高田村、舎利蔵村、津原村、安恒村、椿村、楽市村、平恒村、吉隈村、土居村、瀬戸村、寿命村、大分村、内住村、椋本村、太郎丸村、中屋村、久保白村、北古賀村、長尾村、元吉村、馬敷村、山口村、内野村、阿恵村、平塚村、豆田村、九郎丸村、土師村、伊岐須村、伊川村、大日寺村、明星寺村、八木山村、蓮台寺村、建花寺村、相田村、庄司村、中村、津島村、柳橋村、吉北村、目尾村、川津村、飯塚村、片島村、横田村、花瀬村、潤野村、幸袋村
筑前秋月藩 2村 弥山村、内山田村
11.飯塚町 12.二瀬村 13.大谷村 14.鎮西村 15.穂波村 16.大分村 17.上穂波村 18.桂川村 19.内野村(紫:飯塚市 青:嘉穂郡桂川町 1 - 10は嘉麻郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・飯塚市。(1町8村)
    • 飯塚町 ← 飯塚村、徳前村、薦田村
    • 二瀬村 ← 川津村、片島村、横田村、伊岐須村、伊川村、相田村
    • 大谷村 ← 中村、庄司村、吉北村、目尾村、柳橋村、津島村、幸袋村
    • 鎮西村 ← 大日寺村、花瀬村、潤野村、明星寺村、八木山村、蓮台寺村、建花寺村
    • 穂波村 ← 堀池村、忠隈村、南尾村、太郎丸村、椋本村、安恒村、椿村、弁分村、小正村、若菜村、枝国村、秋松村、楽市村、平恒村
    • 大分村 ← 大分村、内住村、高田村、舎利蔵村、津原村、久保白村
    • 上穂波村 ← 阿恵村、山口村、馬敷村、元吉村、長尾村、北古賀村、平塚村
    • 桂川村 ← 土居村、吉隈村、瀬戸村、寿命村、中屋村、豆田村、内山田村、九郎丸村、土師村(現・嘉穂郡桂川町)
    • 内野村 ← 内野村、弥山村
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「嘉麻穂波郡役所」の管轄区域をもって嘉穂郡が発足。同日穂波郡廃止。

行政[編集]

嘉麻・穂波郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月1日
明治29年(1896年)3月31日 嘉麻郡との合併により穂波郡廃止

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 40 福岡県、角川書店、1988年2月1日。ISBN 4040014006 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
嘉穂郡