嘉麻郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県嘉麻郡の位置

嘉麻郡(かまぐん)は福岡県筑前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 筑前福岡藩 43村 宮吉村、上村、大隈村、大隈町、中益村、下中益村、下益村、貞月村、上下村、牛隈村、熊畑村、上山田村、下山田村、平村、才田村、岩崎村、下臼井村、山野村、口春村、漆生村、鴨生村、筒野村、高倉村、入水村、山倉村、綱分村、川島村、佐与村、大門村、鯰田村、有安村、仁保村、有井村、元吉村、多田村、上三緒村、下三緒村、立岩村、栢森村、鹿毛馬村、口原村、勢田村、赤坂村
筑前秋月藩 20村 小野谷村、上西郷村、椎木村、桑野村、西郷村、光代村、芥田村、東馬見村、馬見村、屏村、大力村、東千手村、千手村、才田村、九郎原村、上臼井村、平山村、飯田村、泉河内村、東畑村
  • 明治4年
  • 明治8年(1875年)(57村)
    • 下益村が大隈村に、上下村が牛隈村に、栢森村が立岩村に、東馬見村が馬見村に、東千手村が千手村にそれぞれ合併。
    • このころ下中益村が中益村に合併。
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての嘉麻郡が発足。「嘉麻穂波郡役所」が穂波郡飯塚町に設置され、同郡とともに管轄。
1.碓井村 2.千手村 3.足白村 4.宮野村 5.熊田村 6.大隈村 7.稲築村 8.庄内村 9.頴田村 10.笠松村(紫:飯塚市 桃:嘉麻市 11 - 19は穂波郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は全域が現・嘉麻市。(10村)
    • 碓井村 ← 上臼井村、下臼井村、西郷村、上西郷村、光代村、飯田村、平山村
    • 千手村 ← 千手村、泉河内村、芥田村、大力村、才田村、東畑村、九郎原村
    • 足白村 ← 馬見村、屏村、椎木村
    • 宮野村 ← 桑野村、小野谷村、上村、宮吉村
    • 熊田村 ← 熊畑村、上山田村、下山田村
    • 大隈村 ← 大隈町、大隈村、中益村、貞月村、牛隈村
    • 稲築村 ← 岩崎村、平村、才田村、漆生村、口春村、山野村、鴨生村
    • 庄内村 ← 綱分村、赤坂村、筒野村、高倉村、入水村、山倉村、有安村、多田村、仁保村、大門村、元吉村、有井村(現・飯塚市)
    • 頴田村 ← 勢田村、口原村、鹿毛馬村、佐与村(現・飯塚市)
    • 笠松村 ← 上三緒村、下三緒村、立岩村、川島村、鯰田村(現・飯塚市)
  • 明治25年(1892年1月18日 - 大隈村が町制施行して大隈町となる。(1町9村)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「嘉麻穂波郡役所」の管轄区域をもって嘉穂郡が発足。同日嘉麻郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
嘉穂郡