御原郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県御原郡の位置

御原郡(みはらぐん)は、福岡県筑後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 小郡市の大部分(赤川、上西鯵坂、八坂、光行、平方以南を除く)
  • 三井郡大刀洗町の大部分(中川、冨多、菅野以南を除く)

歴史[編集]

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
御原郡 1座(小)
御勢大霊石神社 ミセノ- 御勢大霊石神社 福岡県小郡市大保
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

松崎町[1]、井上村、吹上村、干潟村、乙隈村、津古村、横隈村、力武村、三沢村、大保村、大板井村、小板井村、寺福童村、大崎村、稲吉村、上岩田村、下岩田村、鵜木村、高樋村、山隈村、下高橋村、古飯村、小跡村、矢次村、用丸村、長松村、東福童村、西福童村、小郡町、上高橋村、今村、平田村、小島村、甲条村、本郷町、本郷村、稲数村
  • 明治4年
  • 明治9年(1876年) - 三潴県により以下の町村の統合が行われる。(1町31村)
    • 二タ村 ← 小跡村、矢次村
    • 二森村 ← 用丸村、長松村
    • 福童村 ← 東福童村、西福童村
    • 春日村 ← 平田村、小島村
    • 栄田村 ← 本郷村、稲数村
    • 8月21日 - 第2次府県統合により福岡県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての御原郡が発足。「御井御原山本郡役所」が御井郡久留米に設置され、同郡・山本郡とともに管轄。
21.小郡村 22.御原村 23.立石村 24.三国村 25.大刀洗村 26.本郷村(桃:小郡市 赤:三井郡大刀洗町 1 - 14は御井郡 31 - 34は山本郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。(6村)
    • 小郡村 ← 福童村[字小福童を除く]、寺福童村、小郡町、大板井村[字車屋前・上楽・今当・ツルを除く]、小板井村[字井手ノ前を除く]、大崎村、稲吉村[一部]、御井郡上西鰺坂村[字川向][2](現・小郡市)
    • 御原村 ← 下岩田村、稲吉村[大部分]、二森村、二タ村、古飯村、小板井村[字井手ノ前](現・小郡市)
    • 立石村 ← 松崎町、上岩田村、井上村、吹上村、干潟村、乙隈村、山隈村[今隈名・花立名]、大板井村[字車屋前・上楽・今当・ツル](現・小郡市)
    • 三国村 ← 津古村、横隈村、三沢村、力武村、大保村(現・小郡市)
    • 大刀洗村 ← 高樋村、上高橋村、今村、鵜木村、山隈村[今隈名・花立名を除く]、下高橋村(現・三井郡大刀洗町)
    • 本郷村 ← 本郷町、栄田村、甲条村、春日村(現・三井郡大刀洗町)
    • 福童村の一部(字小福童)が御井郡味坂村の一部となる[2]
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「御井御原山本郡役所」の管轄区域をもって三井郡が発足。同日御原郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 無高のため記載なし。
  2. ^ a b 福童村字小福童は味坂村大字上西鯵坂に、上西鰺坂村字川向は小郡村大字福童にそれぞれ吸収されているため、現在の地名からは郡境は不詳。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
三井郡