千島国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千島国(ちしまのくに)は、大宝律令国郡里制を踏襲し戊辰戦争箱館戦争)終結直後に制定された日本の地方区分のの一つで、別称は千州。五畿八道のうち北海道 (令制)に含まれた。領域は最初国後島択捉島のみであったが、後に得撫島以北の千島列島が加わり、色丹島根室国から移管された。現在の根室振興局管内の東部にあたる。

沿革[編集]

ここでは千島国成立までについても記述する。

古代・中世[編集]

古墳時代以前、遺跡の存在から少なくとも新知島付近まで続縄文文化に属する文化が及び[1]飛鳥時代斉明天皇のころ樺太阿倍比羅夫が一戦交えた粛慎(『日本書紀』)[2]は、当時占守郡域にも及んでいたオホーツク文化[3]に属する人たちとも言われている。オホーツク文化は平安時代前期ころ擦文文化の影響を強く受けたトビニタイ文化へと移行し鎌倉時代ころまで続いた。また、鎌倉時代から室町時代にかけて、北海道太平洋岸から千島国域にかけて日の本[* 1]と呼ばれる蝦夷(えぞ)がおり、蝦夷沙汰職・蝦夷管領はこれを統括していた(『諏訪大明神絵詞』)。 しかし、千島列島は火山噴火や巨大津波が定期的に発生し、得撫島より北ではオホーツク文化期にかけていったん拡大したものの、その後は炭素14による鑑定で生活痕が発見されない断絶期が13世紀半ばから約400年間あるなど、過酷な環境だった。しかし、得撫島周辺は古くからラッコ皮の特産地であり、「ラッコ島」の異名を持つ。応永30年(1423年)4月、安藤陸奥守が室町幕府5代将軍足利義量に30枚、蠣崎(松前)慶広文禄2年(1593年豊臣秀吉に3枚と元和元年(1615年徳川家康に長さ七尺幅に尺三寸のラッコ皮を献上。特に家康が手にしたものは、メナシ首長・ニシラケアイヌが松前にもたらした物であるという[4][5][6]。17世紀以降は得撫郡域以南のメナシクルや新知郡域以北の「クルムセ」もしくは「ルートムンクル」が、カムチャツカ半島南端にかけ半定住・移動生活を送り、交易も行っていたと見られる[7]

国後場所の成立と択捉場所の分立[編集]

江戸時代に入り、道東アイヌの領域では、寛永12年(1635年)、松前藩は 村上掃部左衛門に命じ国後・択捉などを含む蝦夷地の地図を作成した。正保元年(1644年)、各藩が提出した地図を基に日本の全版図を収めた「正保御国絵図」が作成された。このとき幕命により松前藩が提出した自藩領地図には、「クナシリ」「エトロホ」「ウルフ」など39の島々が描かれていた。万治4年(1661年)、伊勢国松坂の七郎兵衛の船が得撫島に漂着したが、蝦夷(アイヌ)の援助を受け択捉島国後島経由で十州島(北海道本島)へ渡り、寛文元年(1662年)に江戸へ帰っている(『勢州船北海漂着記』)。延宝元年(1673年)勢州の商船、択捉島・トウシシルに漂着。 元禄13年(1700年)、幕命により松前藩は千島や勘察加(カムチャツカ)を含む蝦夷全図と松前島郷帳を作成した。正徳2年(1712年)には薩摩国大隅郡の船が択捉島に漂着している(『恵渡路部漂流記』)。

正徳5年(1715年)、松前藩主は幕府に対し、「十州島、唐太チュプカ諸島、勘察加」は松前藩領と報告した。享保16年(1731年)、国後および択捉の首長らが松前藩主のもとを訪れ、献上品を贈った。ウィマム[* 2]交易である。宝暦4年(1754年)、松前藩によって松前藩家臣の知行地として国後場所が開かれ、その範囲は国後島のほか択捉島得撫島も含んだ。このとき国後島のには交易の中心地や松前藩の出先機関として運上屋が設けられている。運上屋では撫育政策としてオムシャなども行われた。漁場の状況については北海道におけるニシン漁史も参照されたい。宝暦6年(1756年紀伊国薗村の船、択捉島モヨロに漂着。安永2年(1773年)飛騨屋が国後場所での交易を請け負うようになり、天明8年(1788年)には蝦夷(アイヌ)の人々を雇い大規模な搾粕製造を開始した。しかし、寛政元年(1789年)労働条件や飛騨屋との商取引に不満を持った蝦夷が蜂起したクナシリ・メナシの戦い(寛政蝦夷蜂起)が勃発し、多くの和人が殺害されている。後に乱の平定に尽力したアイヌ乙名(お味方蝦夷)たちが松前に赴き、藩主にウィマムした。このとき彼らを題材とした夷酋列像が描かれている。この頃幕府は政権交代により、蝦夷地を従来通り松前藩に任せようとする松平定信と、幕府直轄の公議御料としてロシアに備えようとする本多忠壽が対立したが、最終的に松平定信の意見が通り、飛騨屋は松前藩により場所請負人から外され、没落した。

交通について、寛政11年(1799年)に高田屋嘉兵衛によって択捉航路[8]が運営されるようになると、翌寛政12年(1800年)には国後場所から分立し新たに択捉場所も開かれ、紗那会所運上屋)を置き択捉島に17箇所の漁場が設けられるとともに北前船も寄航していた。陸上交通については、渡船場1[9]、旅宿所(通行屋)が数箇所存在した。その他、寛政年間には本州和人地などと同様に郷村制がしかれ、アイヌの有力者を乙名役蝦夷)に任命、住民を調べ恵登呂府村々人別帳戸籍)を作製している(江戸時代の日本の人口統計も参照)。アイヌは百姓身分に位置づけられていた[10]士農工商も参照)。

  • クナシリ場所・・・後の国後郡
  • エトロフ場所・・・後の択捉郡、振別郡、紗那郡、蘂取郡
  • ウルップ警固地・・・後の得撫郡

また、北方に対する警戒を説いた天明元年(1781年)の『赤蝦夷風説考』や寛政3年(1791年)の『海国兵談』などが著され、幕吏による北方探検も盛んに行われるようになった。天明6年(1786年)と寛政3年(1791年)には田沼意次の蝦夷地開発の意図を受け、最上徳内が国後場所の択捉島と得撫島を探検[11]し画期的な北辺図[12]を作成した。寛政10年(1798年)には近藤重蔵が最上徳内を案内役として調査を行い、択捉島・丹根萌(タンネモイ)の丘に「大日本恵登呂府」の標柱を建てた。寛政12年(1800年)にも択捉島・カムイワッカオイの丘に「大日本恵登呂府」の標柱、享和元年(1801年)6月には幕府の命により調査にあたった富山元十郎深山宇平太が得撫島オカイワタラの丘に「天長地久大日本属島」の標柱をそれぞれ建てている。富山や深山には八王子千人同心二名も同行[13]。また、寛政12年(1800年)伊能忠敬根室場所西別付近から国後島を遠測。享和3年(1803年)には間宮林蔵が西蝦夷地の測量を行い、得撫島までの地図を作製した。同年、松田伝十郎も択捉詰となり、同地で越年している[14]。文化3年(1806年)以降は得撫島も警固の対象となっていた(後述)。

新知郡域及び占守郡域における和人

「クルムセ」もしくは「ルートムンクル」の領域で記録に残っているものでは、正徳3年(1713年)勘察加東岸にいた和人・サニマ(南部出身の三右衛門)が占守島幌筵島に上陸したほか和船の漂着例がある。いずれも占守郡域に漂着。

  • 延享2年(1745年)春に温禰古丹島に南部佐井村・多賀丸(竹内徳兵衛ら18人乗組)漂流民10名漂着。
  • 享和4年(1804年)7月18日、陸奥国・慶祥丸が北千島の幌筵島・東浦に漂着し6人が上陸。慶祥丸の6人は新知郡域などを経て会所のある紗那郡域に帰還している。(詳細は後述)
  • 文化10年(1813年薩摩藩の永寿丸、春牟古丹島に漂着。(詳細は後述)

上記のほか、さらに北の勘察加は和人漂流民の十字路となっていた。

ロシア人の南下[編集]

一方、ロシア人はカムチャツカ半島を征服して千島を伺っており、千島アイヌの領域である占守郡域や新知郡域の島々も武力で征服しながら南進した。

占守郡域

1711年8月、ダニラ・ヤコヴレヴィチ・アンツィフェーロフДанила Яковлевич Анцыферов)とイワン・ペトロヴィチ・コズイレフスキーロシア語版Иван Петрович Козыревский)が千島最北端の占守島(シュムシュ島)と二番目の島幌筵島(パラムシル島)に上陸し、住民にヤサーク(毛皮税)の献納を求めるが拒絶された。1713年、コズイレフスキーは和人・サニマを伴い再び占守島と幌筵島に上陸した。コズイレフスキーは住民の激しい抵抗を受けるも、戦いの末にこれを征服し、ヤサークの献納とロシアの支配を認めさせた。このとき、幌筵島に交易に来ていた択捉島のアイヌ人シタナイが巻き込まれ、コズイレフスキーに連れ去られた。同年、コズイレフスキーは温禰古丹島(オンネコタン島)も襲撃し帰国した。1745年スロボーチコフが温禰古丹島に上陸、和人10名を発見しカムチャツカに連行。 1747年には、ロシア正教修道司祭イオアサフが、布教のため千島列島北部へ渡り、占守島および幌筵島のアイヌ208人を正教に改宗させた。後に占守島には露米会社によって居住地が開設されている。

新知郡域

1721年、第6島新知島(シムシル島)にロシア人が到達した。 千島アイヌたちはロシア化され、1805年6月、択捉島シベトロに上陸し幕吏に捕らえられたラショワ島アイヌの有力者マキセン・ケレーコツらの服装もロシア風であった。 1831年1832年には露米会社によってアレウトやロシア人が派遣され、シムシル島北端のプロトン湾に新移住地開設。

得撫郡域以南

1766年から1769年にかけて、イワン・チョールヌイロシア語版Иван Чёрный)が国後場所に侵入し、ロシア人として初めて得撫島(ウルップ島、後の得撫郡)に到達し、周辺のアイヌから毛皮の取り立てや過酷な労働を課し、得撫島で多数の女性を集めてハーレムを作った。しかし1772年に、得撫島で択捉アイヌと羅処和アイヌが蜂起し、ロシア人21名が殺害され、残りはカムチャツカ半島へ撤退した。その後も1776年に、ロシアの毛皮商人による殖民団が得撫島へ一時的に居住したが、7年後の1783年に撤退した。1786年最上徳内ら幕吏の調査の際、択捉島に三名のロシア人(イジョ、サスノスコイ、ニケタ)がおり、イジョらは津波で打上げられたナターリア号救援のため派遣されたパーヴェル号の乗員で、ロシア人同士の争いのため得撫島に取残されアイヌの助けで択捉島に移ったという。彼らのうち2名が国後島に赴き取調べの後千島経由の帰国勧告を受け、長崎からの送還を希望し最後まで残留していたイジョが択捉島から帰国したのは1791年春であった。1795年夏、ケレトフセ(ズヴェズダチェトフ)ら40名の入植者を派遣。幕吏の富山や深山の調査の際、17名がいたという。しかし、食料は択捉以南のアイヌとの交易に依存しており、1801年以降択捉以南のアイヌの得撫島渡航と新知島以北の千島アイヌの択捉島への渡航を禁止され、1805年ロシア人は得撫島から帰国した。1828年露米会社がロシア人とアレウトを派遣し得撫島東岸の小船湾に拠点を置いたが、クリミア戦争中の1855年9月英仏艦隊が得撫島小船湾の居住地を一時的に占領、残留アレウトも1877年得撫島から帰国した。


松前藩領の上知と幕府による直接統治[編集]

第一次幕領期

江戸時代後期、千島国域は東蝦夷地に属していた。南下政策を強力に推し進めるロシア帝国の脅威に備え、寛政11年(1799年)に東蝦夷地は蝦夷奉行直轄の公議御料(幕府直轄領)とされ、津軽藩南部藩が泊と紗那に勤番所(泊は南部藩のみ)を置き警固を行っていた。蝦夷奉行は後に箱館奉行を経て松前奉行と改称された。文化元年(1804年)には、漂流していた慶祥丸が占守郡域の幌筵島・東浦に漂着した。乗組員の継右衛門ら6人は占守島を経て勘察加に渡り、ペトロパブロフスクで現地に滞在する若宮丸漂流民善六の世話を受けた。翌文化2年(1805年)(旧暦)6月、新知郡域ラショワ島アイヌの有力者マキセン・ケレーコツ(アイヌ名・シレイタ)ら十数名がシベトロに上陸し幕吏に捕らえられ、ロシア人南下の詳細な情報がもたらされた。文化3年(1806年)3月、ラショワ島アイヌたちは択捉島から脱走、関屋茂八郎が南部藩足軽たちとともに追跡し得撫島に上陸。同島はロシア人不在と確認。一方、継右衛門ら慶祥丸漂流民6人は文化2年(1805年)6月にペトロパブロフスクを立ち、途中新知郡域の羅処和島で越冬した後、ラショワ島アイヌのマキセンの助けを借りつつ南下し新知島でアイヌたちと別れ、得撫島を経由し文化3年(1806年)7月27日に会所のある紗那郡域に帰還した。この年以降、幕吏たちが南部・津軽の足軽、通辞、番人、アイヌたちとともに毎年得撫島の見回りを実施[15]。文化4年(1807年)には文化露寇(フヴォストフ事件)が発生し、択捉島内保番屋や紗那の会所などが、ロシアから攻撃を受けて略奪された[16][17]。幕吏間宮林蔵もこの事件に巻き込まれている。また、この事件では中川五郎治と佐兵衛がロシアに拉致され、シベリアに連行されている。翌文化5年(1808年)以降には、仙台藩が国後と択捉の警固に加わった。

文化8年(1811年)にはゴローニン事件が発生し、幕府が国後島でロシア軍艦ディアナ号の艦長ヴァーシリー・ゴローニンВасилий Головнин)を捕縛した。ディアナ号副長ピョートル・イヴァノヴィチ・リコルドロシア語版Пётр Иванович Рикорд)は一旦オホーツクに引き返した後、中川五郎治と歓喜丸の漂流民たちとともに国後島に来航したが、幕府からの回答は満足のいくものでなかった上、歓喜丸の水夫1名が逃亡したために交渉は難航した。そのためリコルドは、中川五郎治や残りの歓喜丸漂流民たちを解放する代わりに、近海を航行中であった観世丸を拿捕し、高田屋嘉兵衛らをペトロパブロフスクへ拉致した。事件が解決に向かうのは、文化10年(1813年)5月にディアナ号が国後島に来航し、嘉兵衛ら3名が解放されてからであった。その際に日露間で交渉が行われ、同年9月、リコルドは善六や久蔵らを伴ってディアナ号で箱館に来航し、交渉の末ゴローニンはロシア側に引き渡された。

また文化13年(1816年)6月には、ロシア船パヴェル号が得撫島沖に来航し、占守郡域の春牟古丹島に漂着した永寿丸の乗員と英国船に救助された督乗丸の小栗重吉、音吉、半兵衛ら漂流民計6名をペトロパブロフスクから送還。航海途中、半兵衛が病死したが得撫島に上陸した5名は地元アイヌの案内で択捉島のシベトロ番屋まで帰還(池田寛親『船長日記』)[18]。ゴローニン事件の後、ロシアは通商と国境交渉の目的で漂流民を伴い択捉島に度々来航したため、幕府は択捉島以南を日本領、得撫郡域を漂流民の身柄受取のみおこなう緩衝地帯とし、新知郡域以北をロシア領とする案を回答予定であったが、両国の交渉担当者が約束の時期に落ち合えず結局ロシア側に伝達できなかった。

松前藩復領期

千島国域は文政4年(1821年)に一旦松前藩領に復したが、文政8年(1825年)から天保13年(1842年)まで異国船打払令による砲撃のためロシア船も陸地に近づけなかった。天保7年(1836年露米会社船は択捉の港に入港できず、越後国早川村・五社丸の漂流民を港以外に上陸させた(『天保雑記』)。天保14年(1843年)には越中国長者丸の漂流民6人がペトロパブロフスクから択捉島沖まで送還され、松前藩士が船でロシア船に接近し引取った(『蕃談』・『時槻物語』)。その後も弘化2年(1845年)に露米会社船が択捉島に来航し、交易を要求した。嘉永2年(1849年4月29日から6月10日まで、松浦武四郎が国後・択捉を訪れている。嘉永7年(1854年)加陽・豊島 毅らによって千島列島、全樺太島やカムチャッカ半島までも明記した「改正蝦夷全図」が作成された。

第二次幕領期

安政元年(1854年)には日露和親条約不平等条約のひとつ)により、択捉島と得撫島の間が国境とされ、翌安政2年(1855年)には択捉島以南は再び公議御料となり、仙台藩が国後島の泊と択捉島の振別に出張陣屋を築き警固をおこなった。安政6年(1859年)の6藩分領以降は紗那郡(仙台藩警固地)を除き、ほぼ全域が仙台藩領となった。このとき、年数が経ち痛んだカムイワッカオイの丘の「大日本恵登呂府」の標柱の代わりに、仙台藩士によって「大日本地名アトイヤ」と書き改めた標柱が立てられた。また、国後や択捉にはストーブも配置された[19]。慶応4年4月12日箱館裁判所(4月24日箱館府と改称)の管轄となった。

国郡制定後の沿革[編集]

国内の施設[編集]

神社[編集]

千島国5郡制定時の主な神社を記述する。

泊神社・有萌神社・紗那神社・蘂取神社の四社は文化年間に高田屋嘉兵衛による創建、恵比須神社は嘉永3年の創建、植沖神社と別飛神社は幕末ころの創建[24]である。

敗戦時、国後島に25社、択捉島に16社、得撫島以北に4社のほか、色丹島に9社を数えた。

根室市金刀比羅神社には、ソ連軍の侵攻を逃れてこれらの神社から運び出された10体の御神体が安置されている。また、明治以降、得撫島以北に創祀された神社は下記のとおり。

  • 新知郡 松輪神社(松輪島大和湾)
  • 占守郡 占守神社(占守島片岡湾郡司ヶ丘)
  • 占守郡 北上神社(幌筵島加熊別)
  • 占守郡 阿頼度神社(阿頼度島東京湾)

地域[編集]

[編集]

制定当初は5郡で構成されたが、明治9年、得撫・新知・占守の3郡を新設・追加。

上記の他、末期の明治19年にはもともと根室国花咲郡(旧根室場所付島々)の一部であった色丹郡を編入。

江戸時代の藩[編集]

  • 松前藩領、松前氏(1万石各→3万石各)1599年-1799年・1821年-1855年(国後場所、択捉場所、得撫)
  • 仙台藩泊陣屋・振別陣屋、1859年-1868年(国後場所、択捉場所のうち後の紗那郡を除く地域)
分領支配時の藩
  • 久保田藩領、1869年-1871年(国後郡)
  • 彦根藩領、1869年-1871年(択捉郡)
  • 佐賀藩領、1869年-1870年(振別郡)
  • 仙台藩領、1869年-1871年(紗那郡、1870年以降は振別郡と蘂取郡も所領に加えた)
  • 高知藩領、1869年-1870年(蘂取郡)

人口[編集]

明治5年(1872年)の調査では、人口437人を数えた。 ※1945年昭和20年)8月15日現在では、(明治5年と同じ旧千島国の範囲で)2,066世帯10,972人だった。[25]

千島国の合戦[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ メナシクル千島アイヌの祖先にあたる。
  2. ^ ウィマムとは藩主や役人にお目見えすること。

出典[編集]

  1. ^ 北構保男「千島アイヌ史序説」
  2. ^ 西鶴定嘉 「樺太の栞」
  3. ^ 馬場脩「考古学上より見たる北千島 二」
  4. ^ エゾの歴史 海保嶺夫 ISBN 978-4061597501 初版96年
  5. ^ 千島列島をめぐる日本とロシア 秋月俊幸 ISBN 978-4832933866
  6. ^ 北海道の歴史がわかる本 ISBN 978-4906740314
  7. ^ 千島列島における資源・土地利用の歴史生態学的研究
  8. ^ https://www2.lib.hokudai.ac.jp/cgi-bin/hoppodb/record.cgi?id=0D019780000000000 エトロフ・クナシリ新図] 北海道大学 北方関係資料 図類627(北大北方資料室)
  9. ^ 『北海道道路誌』北海道庁 大正14年(1925年)6月10日出版
  10. ^ 榎森進、「「日露和親条約」調印後の幕府の北方地域政策について」『東北学院大学論集 歴史と文化 (52)』 2014年 52巻 p.17-37, NAID 40020051072
  11. ^ 稚内史 第一章 天明の蝦夷地調査
  12. ^ 蝦夷輿地之全図 北海道大学 北方関係資料 軸物12(北大北方資料室)
  13. ^ 秋月俊幸
  14. ^ 池添博彦、「北蝦夷地紀行の食文化考 北夷談について」『帯広大谷短期大学紀要』 1995年 32巻 p.33-48, doi:10.20682/oojc.32.0_33, 帯広大谷短期大学
  15. ^ 秋月俊幸
  16. ^ 稚内史 第二章 ロシアの乱暴と山崎半蔵の宗谷警備
  17. ^ 文化四(千八一七)年ロシアの択捉島襲撃を巡る諸問題 川上淳
  18. ^ 北海道の歴史がわかる本 ISBN 978-4906740314
  19. ^ 稚内史 第六章 幕末の宗谷と梨本弥五郎のストーブ作り
  20. ^ 法令全書 慶応3年10月-明治45年7月 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
  21. ^ 法令全書第11冊(明治9年) 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
  22. ^ 資料紹介 小島倉太郎関連資料 大矢京右 市立函館博物館 研究紀要 第20号
  23. ^ 法令全書 第21冊(明治18年) 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
  24. ^ 「旧樺太時代の神社について -併せて北方領土の神社について-」 前田 孝和
  25. ^ 北方領土の人口 独立行政法人北方領土問題対策協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]