十勝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十勝国の範囲(1869/08/15)


十勝国(とかちのくに)は、大宝律令国郡里制を踏襲し戊辰戦争箱館戦争)終結直後に制定された日本の地方区分のの一つである。五畿八道のうち北海道 (令制)に含まれた。道東に位置し、領域は現在の十勝総合振興局管内から足寄郡の大半(足寄町のうち合併前の旧足寄村に属する利別川以東及び陸別町)を除いた部分にあたる。アイヌ語で乳を意味する「トカプチ」が語源と言われ、十勝川の河口が乳房のように二つに分かれていたのが由来とされている。[1]

沿革[編集]

ここでは十勝国成立までについても記述する。

鎌倉時代から室町時代にかけて、蝦夷沙汰職・蝦夷管領は、北海道太平洋岸におり日の本と呼ばれる蝦夷(えぞ)を統括していた。

江戸時代松前藩によって場所と呼ばれる知行地が開かれ松前藩家臣と蝦夷との交易が行われた。制度的な詳細は商場(場所)知行制および場所請負制を参照されたい。十勝国域にはトカチ場所が開かれていた。

江戸時代から明治時代初頭の交通について、陸上交通は、渡島国箱館から千島国方面に至る道(沿岸部の広尾郡から十勝郡東端まで国道336号の前身、釧路国との国境付近からは国道38号の前身)の途上であったが、一部地形が険しい難所があったため、寛政10年幕吏近藤重蔵によって広尾郡の西隅にあたるビタタヌンケとルベシベツの間2里(7.9km)にルベシベツ山道が開削された。十勝神社には、重蔵の従者下野源助が山道開削について記録し、蝦夷が作った碑文が奉納されたが、この碑文は現在、広尾町タニイソトンネル北側坑口の海側に立つ碑で見ることができる。また十勝国内の河川には政時代から廃使置県までの間6箇所の渡船場数があり渡し船なども運行されていた。

江戸時代初期寛文9年6月、日高国域を中心に蝦夷が蜂起したシャクシャインの戦いによって十勝国域内でも和人が殺された。また、蝦夷アイヌ)同士による戦いも行われており、今から二百年ほど前に十勝に侵入した北見アイヌ(または日高アイヌ)と十勝アイヌの戦いがチョマトー(河西郡域、現帯広市)で行われたという伝説がある。また、蝦夷の人々の間では古くから芽登温泉が知られていたという。

江戸時代後期、十勝国域は東蝦夷地に属していた。国防のため寛政11年東蝦夷地は公議御料幕府直轄領)とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び公議御料となり仙台藩が警固を担当した。その他、安政4年には上川郡域で十勝岳が噴火(安政噴火)。安政6年には6藩分領で十勝国を領国に加えた仙台藩によって広尾に出張陣屋のひとつトカチ陣屋が築城されている。

  • 明治2年(1869年)8月15日に十勝国7郡が制定され、51村が属した。また、同年7月から明治4年(1871年)8月の廃藩置県まで道外の華族によって分領支配される。
  • 明治15年(1882年)2月8日、廃使置県にともない札幌県の所管となる。

国内の施設[編集]

神社[編集]

十勝神社は寛文6年よりも前の創建、十勝郡の稲荷神社は文政11年に創建された。

※十勝神社の御朱印は「十勝国一ノ宮十勝神社」となっている。

地域[編集]

[編集]

以下の七郡で構成された。

江戸時代の藩[編集]

  • 松前藩領、松前氏(1万石各→3万石各)1599年-1799年・1821年-1855年(十勝場所)
  • 仙台藩トカチ陣屋、1859年-1868年(十勝場所)
分領支配時の藩
  • 鹿児島藩領、1869年(広尾郡、当縁郡、河西郡)
  • 静岡藩領、1869年-1871年(上川郡、中川郡、河東郡、十勝郡)

※分領支配時、上記のうち鹿児島藩領は後に2華族領となった。

人口[編集]

1872年(明治5年)の調査では、人口1464人を数えた。

十勝国の合戦[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]