北村西望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北村 西望
きたむら せいぼう
生誕 北村 西望(きたむら にしも)[1]
1884年12月16日[2]
日本の旗 日本 長崎県南高来郡南有馬村白木野[3](現南島原市
死没 (1987-03-04) 1987年3月4日(102歳没)
東京都武蔵野市[2]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校
(現東京芸術大学
著名な実績 彫刻
代表作板垣退助翁」国会議事堂内)[3]
平和祈念像長崎平和公園[3]
受賞 1958年-文化勲章[3]
文化功労者
紺綬褒章
公式サイト 西望記念館
メモリアル 北村西望賞(西望賞)

北村 西望(きたむら せいぼう、1884年明治17年)12月16日 - 1987年昭和62年)3月4日)は、長崎県出身の日本彫刻家。本名は北村 西望(きたむら にしも)。

人物[編集]

代表作に長崎平和公園設置の巨大像「長崎平和祈念像」、国会議事堂内設置の「板垣退助翁」などがある[3]文化勲章[3]紺綬褒章受章者、文化功労者日本彫刻会では西望の功績を称え同会展覧会における最優秀作品に贈られる賞の名称を「北村西望賞」(西望賞)としている。

また、個人寄付により小中学生の教育美術振興を目的とした「北村西望賞基金」を設け[4]、これは2016年12月現在、北村西望賞教育美術展として公募展の形で継続している[5]

略歴[編集]

学生時代[編集]

1884年明治17年)12月16日[2]長崎県南高来郡南有馬村白木野(現南島原市)に生まれる[3]。当初長崎師範学校に進学したが後に病気中退、1903年(明治36年)改めて京都市立美術工芸学校彫刻科(現京都市立銅駝美術工芸高等学校)に入学[2]。1907年(明治40年)に同校を主席卒業し、同年東京美術学校彫刻科に入学[2]

東京美術学校時代は1908年(明治41年)開催の第2回文展出品作「奮闘」が初入選、以後1909年(明治42年)第3回文展「雄風」褒状、翌々年1911年(明治44年)第5回文展「壮者」も褒状を受賞[2]。1912年(明治45年)、同校を主席で卒業した[2]

戦前[編集]

1915年(大正4年)第9回文展「怒涛」が二等賞となり、翌1916年(大正5年)第10回文展出品作「晩鐘」が特選を受賞、以後1917年(大正6年)第11回文展「光にうたれた悪魔」が無鑑査となる[2]

文展が帝展に改まった[6]1919年(大正8年)第1回帝展以降は審査員を務めた[2]。また、同年曠原社を結成している[2]


1921年(大正10年)より母校の東京美術学校教授に就任[注釈 1]、翌1922年(大正11年)には彫刻研究のため西ケ原彫刻研究所を開設した[2]

1925年(大正14年)には帝国美術院会員となっており、1933年(昭和8年)からは東邦彫塑院顧問を務めた[2]

戦前の作品は「児玉源太郎大将騎馬像」「山県有朋元帥騎馬像」など勇壮な男性像かつ戦意高揚を意図した作品を多く手がけた[2]。また西村が指導し7人の彫刻家によって制作された戦没者7点の胸像が遊就館に献納されている[7]。このほか、大政翼賛会の会合にも芸術界の代表者として参加している[8]

戦後[編集]

戦後になると彫刻モチーフは平和、自由、宗教に変化し、そういった作品を多く制作し日展に出品した[2]

西村の代表作である長崎平和祈念像は1951年(昭和26年)より4年の歳月を費やして[2]内外からの浄財3千万円を資金源として作成された青銅製10メートル弱の巨大男像[9]であり、1955年(昭和30年)に完成し同年8月8日、長崎平和公園に設置されている[10]

また長崎原爆のみならず広島原爆の被害を受けた広島市の市民に対しても「飛躍」ほか多くの平和祈念像を制作している[2]

1947年(昭和22年)より日本芸術院会員、1949年(昭和24年)日展理事[11]、1958年(昭和33年)日本芸術院選考委員[12]、1958年(昭和33年)文化勲章受賞[13]文化功労者、1962年(昭和37年)より日本彫塑会名誉会長、1969年(昭和44年)日展会長に就任、1974年(昭和49年)日展名誉会長[2]

晩年[編集]

1953年(昭和28年)に東京都武蔵野市都立井の頭公園内に自身のアトリエを建立しており[2]、後に東京都にアトリエと制作した約350点にのぼる自作品を寄贈[14]、それらは井の頭自然文化園彫刻館で展示された[2]。なお寄贈した作品はその後も増加、最終的に約500点となっている[2]

1962年(昭和37年)武蔵野市名誉市民、1972年(昭和47年)島原市名誉市民、1980年(昭和55年)東京都名誉都民[2]

1986年(昭和61年)12月より風邪を患い自宅静養していたが、翌1987年(昭和62年)3月4日心不全のため東京都武蔵野市の自宅で死去、102歳没[2]

生前最後の絶作は1987年(昭和62年)1月、東京都板橋区役所新庁舎前に設置された「平和を祈る」である[2]

略年譜[編集]

  • 1884年明治17年) - 長崎県南高来郡南有馬村(現・南島原市)生まれ。
  • 1903年(明治36年) - 京都市立美術工芸学校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)入学。後に親友であり同志となる彫刻家の建畠大夢らと出会う。
  • 1907年(明治40年) - 京都市立美術工芸学校卒業後、上京し東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学。
  • 1915年(大正4年) - 兵役除隊後、本格的に美術の道へ進み、初期の代表作「怒涛」制作。文展で二等賞に入賞し認められる。
  • 1916年(大正5年) - 同朋である建畠大夢らと美術研究サークル「八手会」(やつでかい)を結成。
  • 1921年(大正10年) - 東京美術学校塑造部教授となる。
  • 1931年(昭和6年) - 京都市立美術工芸学校教諭となる。
  • 1932年(昭和7年) - ロサンゼルスオリンピック芸術競技に「The Repose (Boxing)」出品[15]
  • 1944年(昭和19年) - 敗色濃厚な戦局から陸軍省が兵器鋳鉄の供出を発令、多くの銅像作品が供出され滅失する事態に憂慮し、「銅像救出委員会」を結成して反対運動を行った。
  • 1953年(昭和28年) - 東京都内の井の頭公園の土地を借用して個人のアトリエを建設。
  • 1955年(昭和30年) - 5年がかりで制作してきた長崎平和祈念像が完成、長崎市に納品。
  • 1958年(昭和33年) - 文化勲章受章、文化功労者顕彰。
  • 1962年(昭和37年) - 武蔵野市名誉市民となる[16]
  • 1969年(昭和44年) - 紺綬褒章受章。社団法人日展会長に就任する。
  • 1972年(昭和47年) - 島原市名誉市民となる。市内に記念館開設。
  • 1974年(昭和49年) - 日展名誉会長となる。
  • 1979年(昭和54年) - 生地の南有馬町の名誉町民となる。町内に西望公園が設置された。
  • 1980年(昭和55年) - 東京都名誉都民となる。
  • 1981年(昭和56年) - 長崎県名誉県民となる。
  • 1987年(昭和62年)3月4日 逝去。享年104(102歳没)。

作品、記念館など[編集]

島原城内の西望記念館(奥)と案内板(手前)
  • 北村西望記念館 (長崎県島原市城内1-1183-1、島原城内)
  • 西望記念館、西望公園 (南島原市南有馬町丙393-1)
  • 井の頭自然文化園 彫刻園 (東京都武蔵野市御殿山1-17-6、井の頭自然文化園内)
  • 玄海国定公園・恋の浦ガーデン福岡県福津市、旧)玄海彫刻の岬・恋の浦)
  • 広島市中央公園 東側噴水「飛躍(鯉のモニュメント)」(広島県広島市中区基町)
  • 国会議事堂1階中央広間「板垣退助立像」
  • 長崎平和公園「平和祈念像」

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 1944年(昭和19年)まで[2]
出典
  1. ^ "北村西望(読み)きたむら せいぼう". コトバンク. 2018年8月5日閲覧. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「北村西望」(2015年12月14日)、2018年8月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g "西望記念館". 島原市. 2016年12月1日. 2018年8月5日閲覧. 
  4. ^ "つなごう!未来へ 島原半島世界ジオパーク" (PDF). 島原市. 2012年12月. 2018年8月5日閲覧. 
  5. ^ "第38回北村西望賞教育美術展 西望賞作品" (PDF). 島原市. 2016年12月. 2018年8月5日閲覧. 
  6. ^ "展覧会の変遷と開催年". 日展公式サイト. 2018年8月12日閲覧. 
  7. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「戦没勇士の胸像製作」(2015年11月20日)、2018年8月12日閲覧。
  8. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「芸術界の献艦運動」(2015年11月20日)、2018年8月12日閲覧。
  9. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「平和祈念像除幕式」(2015年11月20日)、2018年8月12日閲覧。
  10. ^ "平和祈念像(へいわきねんぞう)". 長崎市. 2018年8月12日閲覧. 
  11. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「日展運営会規則など決る」(2015年11月20日)、2018年8月12日閲覧。
  12. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「日本芸術院会員選考委員決る」(2015年11月20日)、2018年8月12日閲覧。
  13. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「文化勲章並びに文化功労年金受領者決定及び授賞、顕彰式」(2015年11月20日)、2018年8月12日閲覧。
  14. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「井之頭自然文化園彫刻館を一般公開」(2015年11月20日)、2018年8月12日閲覧。
  15. ^ "北村西望". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 2018-8-18閲覧. 
  16. ^ 武蔵野市名誉市民

外部リンク[編集]

西望記念館(西望公園)