下町の太陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下町の太陽』(したまちのたいよう)は1963年に松竹で制作された映画作品。山田洋次監督の2作目の作品。映画化のきっかけは、1961年に主演の倍賞千恵子が題名と同タイトルの主題歌を歌い大ヒットとなったことから。東京都墨田区京成線京成曳舟駅および東武線曳舟駅付近にあった資生堂石鹸工場とその周辺が舞台となっている。

ストーリー[編集]

主人公の寺島町子は、二十歳を少し過ぎたぐらい。ある化粧品会社の東京下町にある石鹸工場で女工をしている。また、町子は、同じ工場の事務職員の毛利道男とつきあっている。毛利はこの会社の正社員になって、都心の本社に勤務することを目指して、社員試験の勉強に励んでいる。そして、正社員になったときは、町子と結婚し、下町を抜け出して郊外の公団の団地に住みたいと考えている。(このころは、郊外の公団住宅に住むことは、若い人たちの夢だった。)

町子は、自分の家から工場まで電車通勤をしているが、車内でいつも町子のことをジロジロ見ている数人の若者たちがいた。町子の工場と同じ町にある鉄工所の工員たちである。その一人北良介から強引に「つきあってくれ」と頼まれるが、町子は断る。

町子の家は、長屋や木造住宅の密集した街にある。近所の人はみんな貧しいが、人の好い人ばかりである。家族は、父、祖母、弟二人と町子の五人家族で母はいない。あるとき、下の弟で中学生の健二が鉄道模型の万引き事件を起こす。母代りの町子は思い悩み、恋人の毛利に健二と話をしてみてくれないかと頼むが、社員試験が近く勉強をしなければならないので、と断られる。町子は、健二が北良介とよく遊ぶことがあると聞き、勤め先の鉄工所で北と話をする。北は「あいつは悪い子ではなくいい奴だ」という。

やがて、毛利が受験する社員試験の日が来る。同じ工場からは、毛利の他に、要領がよく、女性に手が早い金子が受験するが……。

スタッフ[編集]

  • 製作:杉崎重美
  • 監督:山田洋次
  • 脚本:山田洋次・不破三雄・熊谷勲
  • 音楽:池田正義

キャスト[編集]

ほか