喜劇 一発大必勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
喜劇 一発大必勝
監督 山田洋次
脚本 森崎東山田洋次
製作 島津清上村力
出演者 ハナ肇倍賞千恵子谷啓
撮影 佐藤勝
編集 石井巌
製作会社 松竹
公開 日本の旗 1969年3月15日
上映時間  92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

喜劇 一発大必勝』は、昭和43年日本で製作された映画。主演・ハナ肇。山田洋次監督。

概要[編集]

ハナ肇と倍賞千恵子出演による喜劇「一発」シリーズの最終作。原作は藤原審爾の「三文大将」。

内海に面したある工業都市。荒木つる代は、この煤煙都市でバスの車掌をしていた。彼女には、服役中の夫と赤ん坊がいたがまだ若く、同じ長屋の住人保健所員の左門は、ひそかに想いを寄せていた。ある日、つる代のバスに長屋の連中が、大きな箱を持って乗り込んで来た。四人は紋付や背広に威儀を正していたが、どことなく落着かなかった。というのは長屋の同僚馬さんが河豚にあたってポックリ逝き、左門が寄贈した棺桶代を酒代にしてしまったからだった。馬さんの骨つぼを前に、バカ騒ぎをする連中。左門は烈火の如く怒ったが、酔っ払いが相手では所詮話にならなかった。この様子を見ていたお祈り婆さんが、崇りを予言し、的中させた。ボルネオ帰りの大男寅吉が長屋に乗り込んで来たのだ。彼は、振舞い酒を飲み、おとなしく弟分の死を悼んでいたが、やがて大暴れをはじめ、遂に長屋の連中に馬さんの骨粉を飲ませる始末だった。翌朝、長屋の面々は、腹痛と下痢で大騒ぎ。左門は、寅吉がボルネオのコレラを持ち帰ったのでは、と心配した。やがて、長屋の連中は、旅行費を寅吉に献上して厄払いをした。ところが寅吉は、一年後には再び舞いもどり、長屋の連中を困まらせた。寅吉の行為に業を煮やしたつる代は説得に努め、左門は勇気をふるって暴れ者の寅吉に重傷を負わせた。やがて寅吉は、左門の看病で回復した。そして、服役中の夫から離婚費用に三十万円を強要されている、つる代のために左門と協力しあった。ある日、寅吉が工事現場から、わざと転落した。それは労災金目当ての芝居だったが、下で見守っていた左門の頭上に落下、左門は悲惨な最後をとげるのだった。通夜の日、酔払い狂乱状態になった寅吉は、棺桶から左門を引出し、死骸をふり廻した。ところが、その衝撃で左門の心臓が再び活動を始めた。やがて、左門はつる代に求婚した。しかし、つる代はなぜかその申込みを断るのだった。半年後、長屋から姿を消していた左門から、つる代に葉書が届いた。それは、彼が長屋に残したものの総てを、贈るというものだった。その上、つる代名儀の通帳も発見された。その頃、左門は工業地帯の埋立地で働く寅吉とめぐりあい感慨にひたっていた。


ストーリー[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:山田洋次
  • 製作:島津清 上村力
  • 原作:藤原審爾 「三文大将」より
  • 脚本:森崎東 山田洋次
  •  
  • 撮影:高羽哲夫
  • 美術:梅田千代夫
  • 音楽:佐藤勝
  • 照明:戸井田康国
  • 編集:石井厳
  • 録音:小尾幸魚
  • 調音:松本隆司
  • 監督助手:大嶺俊順
  • 装置:小島勝男
  • 進行:萩原辰雄
  • 製作主任:吉岡博史
  • 現像:東京現像所
  • 協力:名古屋観光自動車株式会社
  •    知多乗合株式会社
  • 映倫:15605

 

 

 

 

 

スタッフ本編クレジット表記順

 

出演[編集]

 

 

 

 

本編クレジット表記順

 

関連項目[編集]