キネマの天地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キネマの天地

Final Take

-The Golden Days Of Movies-
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
井上ひさし
山田太一
朝間義隆
製作 野村芳太郎
製作総指揮 奥山融
出演者 渥美清
中井貴一
有森也実
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 日本の旗 1986年8月2日
上映時間 135分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 13億円[1]
テンプレートを表示

キネマの天地』(キネマのてんち)は、1986年に公開された松竹製作の日本映画。山田洋次監督。

映画の続編として作られ、2011年こまつ座によって初演された舞台作品も同名であるが、ストーリーは異なる推理劇である。

概要[編集]

松竹大船撮影所50周年記念作品。この映画製作の契機としては、東映出身の深作欣二が『蒲田行進曲』(1982年つかこうへい原作・脚本)を撮ったことを野村芳太郎プロデューサーが無念に思い、松竹内部の人間で「過去の松竹映画撮影所」を映画化したいという思いがあったという[2]。 また、1971年8月の第9作『男はつらいよ 柴又慕情』以降、「盆暮れ」で年2回製作されていた『男はつらいよ』も、こういった経緯により、1986年の夏は製作が見送られた。[3]

舞台は松竹が撮影所を大船に移転する直前の1934年頃の松竹蒲田撮影所城戸四郎所長以下、若き日の斎藤寅次郎島津保次郎小津安二郎清水宏ら気鋭の監督たちが腕を競い、田中絹代がスターへの階段を上りかけた黄金期である。この時代の映画人たちをモデルにして書かれた脚本には井上ひさし山田太一も参加した。また、浅草の映画館の売り子からスター女優になる主役の「田中小春」役を藤谷美和子が降板したため、映画と同様に新人の有森也実が抜擢されて話題になった。

ストーリー[編集]

浅草の帝国館で売り子をしている田中小春は、旅回りの役者だった父喜八と二人で長屋で暮らしていた。ある日、松竹の小倉監督の目にとまり、蒲田撮影所を訪れたところ、いきなり端役に駆り出された。しかし、その演技がうまくいかず落胆して父の下へ帰る。そんな小春を助監督の島田が迎えに来たことから、気を取り直して撮影所に就職することになり、大部屋女優として出発する。その一方、小春は、熱心に映画を語る島田に徐々に惹かれていく。翌年、小春は大作「浮草」の主役に抜擢される。壁にぶつかり帰ってきた小春に喜八は一座の看板女優だった母との恋愛話を語って励ます。そのことが切っ掛けで撮影は成功し、映画は完成する。一方、喜八は、ゆき・満男とともに帝国館に「浮草」を観に行き、娘の姿をスクリーンで見ながら静かに息を引き取る。島田と小倉監督は、「蒲田まつり」で蒲田行進曲を歌う小春を見ながら喜八の訃報を受け、小倉は、「娘の晴れ姿を見ながら死んだか、旅役者のおとっつぁんは」とつぶやく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

特別出演

端役

関連本[編集]

  • 『キネマの天地』山田洋次 他 著 新潮文庫 1986.6

受賞歴[編集]

舞台[編集]

あらすじ[編集]

昭和10年、女優・松井チエ子が謎めいた死から一年。築地東京劇場に集められた4人のスター女優(立花かず子、徳川駒子、滝沢菊江、田中小春)たち。4人のうちに犯人がいるのか?映画『諏訪峠』集められたと思っていたら、舞台『豚草物語』(何となく『若草物語』に似ている)の再演話だった。舞台女優につきものの膀胱炎などの病気自慢が始まる。チエ子は『豚草物語』の稽古中に頓死していた。死後見つかった日記には「わたしはK.T.に殺される」と書かれてあった。万年下積みの老俳優を刑事役に仕立て、真犯人追及劇『豚草物語』の幕が上がる…。

キャスト[編集]

  • 立花かず子: 麻実れい - 蒲田大幹部女優にして日本映画界を代表する大スター
  • 徳川駒子:三田和代 - 蒲田大幹部待遇、「母物映画」[4]の大スター
  • 滝沢菊江:秋山菜津子 - 蒲田幹部女優、妖艶なヴァンプ役で爆発的な人気を誇る
  • 田中小春:大和田美帆 - 蒲田準幹部女優、娘役で人気沸騰の若手スターのピカ一
  • 小倉虎吉郎:浅野和之 - 蒲田を代表する映画監督、女優故松井チエ子の夫
  • 尾上竹之助:木場勝己 - 舞台の心構え、俳優としての行儀作法万事承知の万年下積役者
  • 島田謙二郎:古河耕史 - 蒲田撮影所の助監督、東京帝大法学部出身

脚注[編集]

  1. ^ 1986年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 『キネマの天地』(新潮文庫)
  3. ^ 2006年11月4日放送.「寅さんレビュー」より
  4. ^ 特に三益愛子が得意とした母性愛を描いた映画。