京都太秦物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京都太秦物語
監督 山田洋次
阿部勉
脚本 山田洋次
佐々江智明
出演者 海老瀬はな
USA(EXILE)
音楽 富貴晴美
撮影 近森眞史
編集 石島一秀
配給 松竹
公開 2010年5月22日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

京都太秦物語』(きょうとうずまさものがたり)は、2010年に公開された日本映画

概要[編集]

2007年に立ち上がった松竹立命館大学京都府の3者による「産学官連携プロジェクト」の一環として、同大学映像学部客員教授山田洋次の指導の下で同学部の学生22名が本作の製作に携わっている。

山田はこの作品を「卒業制作という感覚ではなく、あくまで1本の商業映画として製作したい」と語っている[1]

製作開始時は『京都太秦恋物語』(きょうとうずまさこいものがたり)という仮題であったが、完成時に正式タイトルが決定した。

2010年度ベルリン国際映画祭フォーラム部門出品作品[2]、同年度香港国際映画祭「Master Class」招待作品となった。

2010年5月22日、MOVIX京都にて公開。以降、上映館を増やすとしている。

2010年9月18日公開分のぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第3位になるなど好評価されている。

2010年11月23日、オーストラリア・シドニーのThe 14th Japanese Film Festivalにおいて上映。

ストーリー[編集]

京都・太秦の「大映通り商店街」を舞台に、立命館大学図書館に勤務するヒロインと同商店街の豆腐屋の息子でお笑い芸人志望の若者との恋模様を描く。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 製作記者会見より
  2. ^ 「京都太秦物語」がベルリン国際映画祭出品決定立命館大学

外部リンク[編集]