家族 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家族
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
宮崎晃
製作 三嶋与四治
小角恒雄
出演者 倍賞千恵子
井川比佐志
笠智衆
音楽 佐藤勝
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1970年10月24日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 故郷
テンプレートを表示

家族』(かぞく)は、1970年松竹で制作・公開された山田洋次監督の映画である。いわゆる民子3部作(1970年の『家族』、1972年の『故郷』、1980年の『遙かなる山の呼び声』)の第1作。

解説[編集]

長崎県の小さな島を離れ、北海道の開拓村まで旅する一家の姿をドキュメンタリー風に撮った異色作。日本万国博覧会開催中の大阪や公害に悩む東京など旅の風景に高度経済成長期の日本の社会状況が浮かび上がるとともに、南北に広い日本の情景の多様さをも映し出す。キネマ旬報ベストテン1位に輝くなど、山田洋次の代表作の1つとなった。

ストーリー[編集]

風見精一の一家は、故郷である長崎県伊王島から、開拓のために北海道標津郡中標津町へ移住することとなった。酪農を夢見ていた精一の決断によるものであった。妻の民子の反対により、当初は、精一が単身で移住することになっていたが、精一の固い意思のまえに民子が翻意し、結局は子供2人を含む家族で移住することになったのである。

同居していた精一の父源蔵については、高齢であることから、広島県福山市に住む次男夫婦の家に移ることになっていた。一家は桜が咲き始める4月はじめに伊王島の家を引き払い、父親のためにまずは福山へ向かった。しかし、ここで次男夫婦が必ずしも父親を歓迎していないことが明らかになり、結局は民子の発案により、父親も一緒に北海道へ移住することになった。

こうして一家5人の列車を乗り継ぐ北海道への旅が始まった。大阪で日本万国博覧会を見物したのち、新幹線によりその日のうちに東京へ到着する。長旅で具合を悪くした赤ん坊である長女のために急遽1泊する旅館を取るが、ひきつけを悪化させてしまい近くの医院に駆け込むものの、治療が遅れたためにそのまま亡くなってしまう。悲嘆に暮れる間もなく、一家は北海道へ急ぐために火葬を取り急ぎ済まし、気持ちの整理ができぬまま、東北本線青函連絡船を経て、北海道を東上する。

まだ雪深い夜の中、やっとの思いで標津にたどり着いた頃には、一家は疲れ果てていた。次晩、地元の人々から歓待を受けた一家の父源蔵は上機嫌で炭坑節を歌い、一家はようやく落ち着くかのようにみえた。しかし、源蔵は歓迎会の晩に布団へ入ったまま息を引き取ってしまう。家族2人を失い後悔と悲嘆にくれる精一を、民子は「やがてここにも春が来て、一面の花が咲く」と慰め、励ます。中標津の大地には2つの十字架がたった。6月には中標津にも春が訪れ、一家にとって初めての牛が生まれた。そして民子の胎内にも、新しい命が宿っていた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]