北九州工業地帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北九州工業地帯(きたきゅうしゅうこうぎょうちたい)は、関門都市圏福岡県北九州市を中心とした関門海峡洞海湾周防灘の沿岸地域)一帯に広がる工業地帯太平洋ベルトの西端部に立地しており、四大工業地帯の一つである。

近年の教科書では、工業地帯に含めず工業地域とみなし、北九州工業地域(きたきゅうしゅうこうぎょうちいき)の呼称が使用されている(理由は呼称の問題の節を参照)。

概要[編集]

1901年八幡村(現・北九州市八幡東区)に製鉄所(官営八幡製鐵所)が開設されたことに始まる。筑豊炭田宇部炭田で産出される石炭と、中国からの鉄鉱石など原料の輸入に適した港湾を背景に発展した。

関門海峡から洞海湾沿岸にかけて、官営製鉄所の後身新日鐵住金八幡製鐵所(八幡東区・戸畑区小倉北区)の鉄鋼業、新日鉄住金化学(戸畑区)や三菱化学八幡西区)などの化学工業、TOTO(小倉北区)や黒崎播磨(八幡西区)などの窯業三菱重工業下関市)などの造船業が発達し、周防灘沿岸には日産自動車苅田町)やダイハツ九州中津市)などの自動車産業、宇部興産三菱マテリアル(苅田町)などのセメント製造拠点が集積している。

内陸部は石灰石の一大産出地で、東谷鉱山(小倉南区)、香春鉱山(香春町)、船尾鉱山(田川市)、関の山鉱山(田川市)などがあり、セメント工業が発達しているほか、トヨタ自動車九州宮若市・苅田町)などの工場がある。また、九州地方は半導体産業が集積している事からシリコンアイランドと呼ばれ、ローム福岡(行橋市)や東芝LSIパッケージソリューション(宮若市)などの工場がある。

製鉄、化学、窯業、セメントなどの重厚長大型の素材産業で名をはせた北九州工業地帯だが、現在の主力品目は自動車。日産、トヨタ、ダイハツの生産拠点が増産体制を強めていることから、2006年の自動車生産量は100万台に達した。これは、生産高でロシア一国に匹敵する規模である。

北九州工業地帯にある北九州学術研究都市では、北九州学術研究都市連携大学院という取り組みが行われている。世界全体で起きている自動車の電子化についての競争に対応すべく、連携大学院にカーエレクトロニクスコースを設けている[1][2]北九州学術研究都市は、産官学一体となって、先端科学技術に関する教育・研究機関の集積をおこない、「アジアの中核的な学術研究拠点」と「新たな産業の創出・技術の高度化」を目指している[3]

北九州学術研究都市では、早稲田大学大学院情報生産システム研究科、北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科、九州工業大学大学院生命体工学研究科九州歯科大学産業医科大学、英国クランフィールド大学理化学研究所脳科学総合研究センター安川電機などが連携している[4][5][6][7]

呼称の問題[編集]

中国からの鉄鉱石など原料の輸入に適した港湾を背景に発展した経緯があるが、近年は鉄鉱石の輸入先が中国からオーストラリアなどに変わってきたことや、エネルギー革命(石炭から石油への転換)により筑豊・宇部の炭鉱が閉山したことなどにより、工業出荷額に占める割合は四大工業地帯を構成する他の3つの工業地帯(京浜工業地帯中京工業地帯阪神工業地帯)に比べて大幅に低下していった。

2003年には工業出荷額で北関東工業地域瀬戸内工業地域などの5工業地域以下となった。

具体的な額としては京浜工業地帯約55兆円、中京工業地帯約48兆円、阪神工業地帯約30兆円、北関東工業地域約25兆円、瀬戸内工業地域約24兆円、東海工業地域約16兆円、北陸工業地域約13兆円、北九州工業地帯約7兆円となり、工業地帯とは大きな差が開き、5工業地域との比較でも最少の北陸工業地域の半数程度まで低下した。[8]

このため近年、一部の教科書では北九州は「工業地域」とし[9][10]、他の3つ(京浜・中京・阪神)を三大工業地帯としている。

主な都市と事業所[編集]

()内は製造品出荷額。2010年度、単位は万円[11]

山口県[編集]

福岡県[編集]

大分県[編集]

主な理工系の高等教育機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]