三井ハイテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社三井ハイテック
Mitsui High-tec, Inc.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
807-8588
福岡県北九州市八幡西区小嶺2丁目10番1号
設立 1949年1月12日
業種 電気機器
法人番号 6290801010667 ウィキデータを編集
事業内容 プレス用精密金型、工作機械、ICリードフレームならびにモーターコアなどの製造・販売
代表者 三井康誠(代表取締役社長
資本金 164億388万円
売上高 単体622億円、連結869億円
(2020年1月期)
純資産 単体390億円、連結458億円
(2020年1月31日現在)
総資産 単体806億円、連結895億円
(2020年1月31日現在)
従業員数 単体1,807名(2020年1月31日現在)
決算期 1月31日
主要子会社 関連会社参照
外部リンク https://www.mitsui-high-tec.com/
テンプレートを表示

株式会社三井ハイテック(みついハイテック)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、精密金型ICリードフレームなどの製造・販売を行うメーカーである。東京証券取引所一部・福岡証券取引所上場。

尚、社名の「三井」は創業者の三井孝昭の名字から付けたもので、三井グループとは無関係である。

概要[編集]

1949年1月福岡県八幡市筒井町(現北九州市八幡西区黒崎)にて創業。以来世界的な金型、IC部品メーカーとして今日まで発展してきた。

技術系だけでなく事務系も含めた新入社員全員に対し、必ずやすりがけの特訓を行うことを恒例としている。これは創業者・三井孝昭の「モノをつくる基本は地球に対し水平平行垂直を出せること」という方針に従い、水平・垂直を出すことがいかに大変であるか、ひいてはモノづくりの苦労を体験させる目的がある。[1]

近年はハイブリッドカー用モーターの生産も手がけており、一時トヨタ自動車のハイブリッドモーターコアについては、トヨタ社内の内製分を除くとほぼ独占受注していた[2](現在はトヨタ紡織も参入しており、事実上3社体制[3])。

沿革[編集]

事業所[編集]

関連会社[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • Mitsui High-tec (Hong Kong) , Ltd. - 香港
  • Mitsui High-tec (Singapore) Pte. Ltd. - シンガポール
  • Mitsui High-tec (Malaysia) Sdn. Bhd. - マレーシア
  • Mitsui High-tec (Tianjin) Co., Ltd. - 天津
  • Mitsui High-tec (Guang Dong) Co., Ltd. - 広東
  • Mitsui High-tec (Shanghai) Co., Ltd. - 上海
  • Mitsui High-tec (Taiwan) Co., Ltd. - 台湾
  • Mitsui High-tec (Thailand) Co., Ltd. - タイ
  • Mitsui High-tec (USA),Inc. - アメリカ
  • Mitsui High-tec (Canada), Inc - カナダ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ NHKスペシャル電子立国日本の自叙伝』完結巻(相田洋著、日本放送出版協会1992年)pp.272 - 273
  2. ^ トヨタ、最高峰の技術力で国内生産維持にチャレンジ - Response・2012年7月14日
  3. ^ 新型「クラウン」のハイブリッドシステム、モーターコアはトヨタ紡織が供給 - MONOist・2013年2月1日

外部リンク[編集]