三井ハイテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社三井ハイテック
Mitsui High-tec, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証プライム 6966
1985年9月9日上場
福証 6966
1984年9月3日上場
本社所在地 日本の旗 日本
807-8588
福岡県北九州市八幡西区小嶺2丁目10番1号
設立 1949年1月12日
業種 電気機器
法人番号 6290801010667 ウィキデータを編集
事業内容 プレス用精密金型、工作機械、ICリードフレームならびにモーターコアなどの製造・販売
代表者 三井康誠(代表取締役社長
資本金 164億388万円
売上高 連結:1,394億2,900万円
単体:989億2,600万円
(2022年1月期)
営業利益 連結:149億5,900万円
単体:102億3,500万円
(2022年1月期)
経常利益 連結:156億7,200万円
単体:117億6,400万円
(2022年1月期)
純利益 連結:117億7,800万円
単体:84億1,400万円
(2022年1月期)
総資産 連結:1,340億3,600万円
単体:1,117億2,000万円
(2022年1月期)
従業員数 連結:4,011人
(2022年1月31日現在)
決算期 1月31日
主要子会社 関連会社参照
外部リンク https://www.mitsui-high-tec.com/
テンプレートを表示

株式会社三井ハイテック(みついハイテック)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、精密金型ICリードフレームなどの製造・販売を行うメーカーである。東京証券取引所プライム市場・福岡証券取引所上場。

尚、社名の「三井」は創業者の三井孝昭の名字から付けたもので、三井グループとは無関係である。

概要[編集]

1949年1月福岡県八幡市筒井町(現北九州市八幡西区黒崎)にて創業。以来世界的な金型、IC部品メーカーとして今日まで発展してきた。

技術系だけでなく事務系も含めた新入社員全員に対し、必ずやすりがけの特訓を行うことを恒例としている。これは創業者・三井孝昭の「モノをつくる基本は地球に対し水平平行垂直を出せること」という方針に従い、水平・垂直を出すことがいかに大変であるか、ひいてはモノづくりの苦労を体験させる目的がある。[1]

近年はハイブリッドカー用モーターの生産も手がけており、一時トヨタ自動車のハイブリッドモーターコアについては、トヨタ社内の内製分を除くとほぼ独占受注していた[2](現在はトヨタ紡織も参入しており、事実上3社体制[3])。

沿革[編集]

事業所[編集]

関連会社[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • Mitsui High-tec (Hong Kong) , Ltd. - 香港
  • Mitsui High-tec (Singapore) Pte. Ltd. - シンガポール
  • Mitsui High-tec (Malaysia) Sdn. Bhd. - マレーシア
  • Mitsui High-tec (Tianjin) Co., Ltd. - 天津
  • Mitsui High-tec (Guang Dong) Co., Ltd. - 広東
  • Mitsui High-tec (Shanghai) Co., Ltd. - 上海
  • Mitsui High-tec (Taiwan) Co., Ltd. - 台湾
  • Mitsui High-tec (Thailand) Co., Ltd. - タイ
  • Mitsui High-tec (USA),Inc. - アメリカ
  • Mitsui High-tec (Canada), Inc - カナダ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ NHKスペシャル電子立国日本の自叙伝』完結巻(相田洋著、日本放送出版協会1992年)pp.272 - 273
  2. ^ トヨタ、最高峰の技術力で国内生産維持にチャレンジ - Response・2012年7月14日
  3. ^ 新型「クラウン」のハイブリッドシステム、モーターコアはトヨタ紡織が供給 - MONOist・2013年2月1日

外部リンク[編集]