瀬戸内工業地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瀬戸内工業地域(せとうちこうぎょうちいき)は、中国四国地方瀬戸内海沿岸に広がる工業地域

概要[編集]

瀬戸内海の水運を始めとして交通が便利なこと、沿岸の埋立により工業用地が得やすいこと、内海のため波が穏やかであること等を背景として、第二次世界大戦後に急速に発達した。

伝統的な造船業・繊維工業のほか、周南市岩国市新居浜市倉敷市水島に石油化学コンビナート、水島・福山市に製鉄所が進出し、重化学工業が発達した。

主要な工業都市に倉敷市、周南市、宇部市、福山市、下関市広島市呉市、岩国市、新居浜市、今治市などがある。岡山県南部と愛媛県東予地区が新産業都市に、備後地区・周南地区が工業整備特別地域に指定されていた。宇部市から下関市は北九州工業地帯に含める場合もある。

各都市の特色[編集]

岡山県
広島県
周南市の工場群
山口県
香川県
愛媛県

関連項目[編集]