ツネイシホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツネイシホールディングス株式会社
Tsuneishi Holdings Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ツネイシ
本社所在地 日本の旗 日本
720-0393
広島県福山市沼隈町常石1083番地
設立 1942年(昭和17年)4月30日
業種 輸送用機器
法人番号 6240001029372
事業内容 持株会社・ホテル業
代表者 代表取締役社長 神原宏達
資本金 3億2千万円
外部リンク https://www.tsuneishi-hd.com/
テンプレートを表示

ツネイシホールディングス株式会社英語: Tsuneishi Holdings Inc.)は、日本持株会社である。広島県福山市に本社を置き、備後地方に地盤を置く有力企業の一社。

2011年平成23年)1月、事業部門を新設分割と吸収分割し、事業持株会社から純粋持株会社となった[1]。2011年7月から直営で一般客向けのホテル事業を開始し再び事業持株会社となった[2]

沿革[編集]

  • 1903年明治36年)- 海運業(神原汽船)創業
  • 1917年大正6年)- 塩浜造船所開設(常石造船の創業)
  • 1953年昭和28年)- 住広石炭商会(のちの住広)設立
  • 1963年(昭和38年)- 常石鉄工株式会社設立
  • 1966年(昭和41年)- 神原林業株式会社(のちの常石林業建設)設立
  • 1968年(昭和43年)- 神原食品工業株式会社(のちの常石エンタプライズ)設立
  • 1978年(昭和53年)- 神原マリン株式会社(のちの常石ポートサービス)設立
  • 1979年(昭和54年)- 常石エンジニアリング株式会社設立
  • 1992年平成4年)- 株式会社ツネイシリサーチアンドデベロップメント設立
  • 2007年(平成19年)1月 - 常石造船株式会社がグループ10社を吸収合併し、事業持株会社 ツネイシホールディングス株式会社 発足。
  • 2010年(平成22年)12月24日明石淡路フェリーの臨時株主総会にて、全保有株式の淡路ジェノバラインへの譲渡と派遣していた役員の退任により経営から撤退したことを発表した[3]
  • 2011年(平成23年)1月 - 社内カンパニー会社分割し、純粋持株会社となる[1][4]
    7月1日 - ツネイシホールディングスの研修施設を改装し一般客向けの「神石高原ホテル」として直営で営業開始[2]
  • 2012年 - 投資や新規事業開発を行うせとうちホールディングスを設立[5]
  • 2016年(平成28年)1月 - ツネイシビジネスサービス株式会社を吸収合併[6]

主要関連会社[編集]

造船[編集]

日本[編集]

常石造船株式会社
常石鉄工株式会社
  • 金属製品の加工
常石商事株式会社
常石エンジニアリング株式会社
  • 新造船・改造船・修繕船、船舶艤装品の設計
  • 設計者、技術者の派遣

中国[編集]

フィリピン[編集]

海運[編集]

神原汽船株式会社
  • 貨物船(定期船・不定期船)の運航
  • 船舶の貸渡業
神原ロジスティクス株式会社
神原タグマリンサービス株式会社
神原マリン株式会社
  • 船員の配乗業務

環境・エネルギー[編集]

ツネイシCバリューズ株式会社
  • 石油類の販売
  • 自動車の整備と販売
ツネイシカムテックス株式会社
  • 産業廃棄物の処理

サービス事業[編集]

ツネイシLR株式会社

小型船・建設・不動産[編集]

ツネイシクラフト&ファシリティーズ

航空[編集]

せとうちSEAPLANES
せとうちホールディングスの子会社。航空運送事業を行う。
アメリカのクエスト・エアクラフトを子会社し、小型航空機の製造販売を行っている。[5]

撤退した事業・会社[編集]

補足[編集]

  • TVドラマ「ゴリラ・警視庁捜査第8班」の福山ロケでは常石造船グループが全面協力した。
  • 現社長の実姉である神原弥奈子が代表取締役社長を務めるIT企業の 株式会社ニューズ・ツー・ユー の社外取締役を堀江貴文が務めていた縁もあってか、郵政解散に伴う2005年の総選挙では広島6区から出馬した堀江を支持した。
  • 2006年6月に当時の常石造船が広島市民球場命名権(ネーミングライツ)購入を申し出た。購入希望額は2億円×年とされており、命名権購入後も「市民球場」の名前を残す形で検討しているとしていた。当初、広島市は市民球場の命名権売却を検討していない状態であったが、常石造船の申し出を受けて検討した結果、2007年6月に現球場への命名権導入そのものを見送る判断を示し、命名権購入は実現しなかった。
  • 大林宣彦の尾道映画ふたりの撮影にも協力している。

提供番組[編集]

2010年からは番組表への記載、CMは放送されるものの提供クレジットの読み上げはされない。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b グループ報「つねいし」No.334 (PDF)”. ツネイシホールディングス (2011年1月1日). 2011年12月16日閲覧。
  2. ^ a b 三和の森の恵みを生かすリゾートホテル〜『神石高原ホテル』が7月1日オープン”. ツネイシホールディングス (2011年6月28日). 2013年1月8日閲覧。
  3. ^ a b 明石淡路フェリー(株)からの経営撤退について”. ツネイシホールディングス (2010年12月24日). 2011年12月16日閲覧。
  4. ^ ツネイシホールディングスの分社化について〜ツネイシホールディングスを持ち株会社へ7事業会社を分社〜”. ツネイシホールディングス (2010年12月7日). 2011年12月16日閲覧。
  5. ^ a b 常石グループが小型航空機事業に参入 | ツネイシホールディングス株式会社
  6. ^ ツネイシホールディングス株式会社がツネイシビジネスサービス株式会社を吸収合併”. ツネイシホールディングス (2015年12月5日). 2016年1月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]