東海工業地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東海工業地域(とうかいこうぎょうちいき)とは、静岡県臨海部に広がる工業地域である。

日本平から望む静岡市清水港富士山、右奥に富士市

概要[編集]

名古屋東京の中間に位置する。主な工業都市に、浜松市静岡市富士市富士宮市焼津市掛川市磐田市などがある。また、東駿河湾地区は工業整備特別地域に指定されていた。

温暖な気候、三大都市圏を結ぶ東海道を並行するように整えられた鉄道高速道路富士山の湧水や中部山岳地帯から流れ下る河川による工業用水や水力発電を背景に発展した。

主な工業都市と特色[編集]

ヤマハ本社と浜松市街

年間製造品出荷額は約16兆円となっている。[1]

遠州地域の都市は自動車関連の企業が、駿河湾湾岸地域の都市は機械工業が盛んである。また、静岡市清水区蒲原は、1987年以降日本で唯一アルミニウム製錬が行われている場所であったが、2014年3月末で日本軽金属は蒲原製造所におけるアルミニウム電解事業を終了した [2]

主な港湾都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 帝国書院「中学校社会科地図」124頁より
  2. ^ アルミニウム電解事業の終了について (PDF)

関連項目[編集]