馬鹿まるだし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬鹿まるだし』(ばかまるだし)は、1964年松竹が制作、公開した山田洋次監督の映画。「馬鹿シリーズ」の第一弾。

本項では、ドラマ版についても記述する。

概要[編集]

初期の山田洋次作品に俳優として欠かせない存在となるハナ肇、そして後に『男はつらいよ』シリーズ全48作などを手がけた撮影監督高羽哲夫と、山田が組んだ最初の作品である。ハナがリーダーのクレージーキャッツからは植木等東宝との関係のためノンクレジット)、犬塚弘安田伸石橋エータロー桜井センリと、(この時期、東映で主演映画『図々しい奴』を撮影していた)谷啓を除く全員が出演している。

ストーリー[編集]

瀬戸内の小さな町、シベリア帰りの安五郎が淨念寺に転がり込み、住職の長男の妻(ご新造さん)夏子に一目惚れ。やがて町のボスとなった安五郎は労働争議を解決するなど大活躍する。しかし、町の勢力を反対派に握られ、人々の目は冷たくなっていき、淨念寺にも出入り禁止となってしまう。そんな折、誘拐事件が起こる。名誉挽回のチャンスだと誘拐犯を追いかけた安五郎だったが・・・

スタッフ[編集]

  • 監督 : 山田洋次
  • 脚本 : 加藤泰 山田洋次 
  • 原作 : 藤原審爾「庭にひともと白木蓮」より
  • 製作 : 脇田茂
  • 企画 : 市川喜一
  •  
  • 撮影 : 高羽哲夫
  • 美術 : 佐藤公信
  • 音楽 : 山本直純
  • 録音 : 松本隆司
  • 調音 : 佐藤宏文
  • 照明 : 戸井田康国
  • 編集 : 浦岡敬一
  • 助監督 : 不破三雄
  • 装置 : 中島好男
  • 装飾 : 鈴木八州雄
  • 衣装 : 田口ヨシエ
  • 現像 : 東京現像所
  • 録音技術 : 土屋勵
  • 色彩技術 : 倉橋芳宏
  • 渉外事務 : 秦野賢児
  • 撮影助手 : 青本澄夫
  • 録音助手 : 鈴木正男
  • 照明助手 : 内田喜夫
  • 進行 : 末松昭太郎
  • 映倫:13449

 

  スタッフ本編クレジット表記順

キャスト[編集]



ドラマ版[編集]

ハナ肇の「馬鹿まるだし」
ジャンル テレビドラマ
原作 藤原審爾
脚本 山田洋次ほか
演出 宮武昭夫
出演者 ハナ肇桜町弘子ほか
オープニング 「おれの番だ!」(ハナ肇、植木等谷啓藤田まこと
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1964年9月28日 - 同年11月16日
放送時間 月曜21:30 - 22:00
放送枠 おれの番だ!
放送分 30分

特記事項:
おれの番だ!』第2作。ロート製薬一社提供
テンプレートを表示

テレビドラマ版は『ハナ肇の「馬鹿まるだし」』というタイトルで、1964年9月28日から同年11月16日まで、当時ハナ・植木・谷啓藤田まことがローテーションで出演するドラマ枠『おれの番だ!』(TBS系列。月曜21:30 - 22:00。ロート製薬一社提供)で放送された。

スタッフ[編集]

  • 原作:藤原審爾
  • 脚本:山田洋次ほか
  • 演出:宮武昭夫

キャスト[編集]

出典[編集]

  • 「植木等ショー!クレージーTV大全」(洋泉社)117頁 2010年
TBS おれの番だ!
前番組 番組名 次番組
植木等
「気まぐれ野郎」
ハナ肇
「馬鹿まるだし」
藤田まこと
「元禄あだうち男」

外部リンク[編集]

関連項目[編集]