スーダラ節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーダラ節
ハナ肇とクレージーキャッツシングル
A面 スーダラ節
B面 こりゃシャクだった
リリース 1961年8月20日
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 青島幸男(作詞)
萩原哲昌(作曲)
ハナ肇とクレージーキャッツ シングル 年表
- スーダラ節/こりゃシャクだった
(1961年)
ドント節/五万節
1962年
テンプレートを表示

スーダラ節(スーダラぶし)は日本の昭和期の代表的な流行歌である。ハナ肇とクレージーキャッツ、とりわけ植木等が爆発的な人気を得るきっかけを作った曲で、作詞は青島幸男、作曲は萩原哲晶による。レコードは1961年8月20日、東芝音楽工業(現在のユニバーサルミュージック合同会社・EMI Records Japanレーベル)から発売された。80万枚売れたという。

概要[編集]

それまでのレコード制作はレコード会社主導だったが、このレコードの原盤は渡辺プロダクションが制作し、東芝音楽工業は販売のみ担当した。芸能プロが初めてマスターテープを制作したレコードでもある。「今で言うインディーズである」(戸井十月[1]

元々は『こりゃシャクだった』のB面を埋めるために作られた曲であったが、こちらのほうがヒットしてしまい、後にA面とB面が入れ替えられている。シングル盤のジャケット写真には、石橋エータロー以外の6人が写っている。このジャケットのデザインは1986年の「実年行進曲/新五万節」にも引用され、クレージーのメンバーがオリジナルと同じポーズをとっている。

作曲者の萩原はステージでの植木のキャラクターにあった曲作りのために、まず植木の口癖でもあった「スイスイスーダララッタ~」のフレーズをメロディーにして、植木の承諾を取りつつ、残りの部分を作った。 しかし、非常に生真面目な性格の植木は青島が書いた歌詞を見て、歌うことを躊躇したそうだが、浄土真宗僧侶である父の植木徹誠から「『わかっちゃいるけどやめられない』は親鸞教えに通じる」「必ずヒットするぞ」と励まされた。

父の言う通り、発売されるや否や『スーダラ節』は大ヒットを記録した(小林信彦は「なぜか名古屋から火がついた」と述べている[2])。しかし植木自身は「こんな歌がヒットするようでは悲しいなぁ」「冗談じゃない」「こんなのがヒットするってことは、俺が考えてる日本と本物の日本は違うものなのか」と思い悩んでいたと言う[3]

また、大ヒットを受け、1962年には大映(現・角川映画)で『スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ』が製作された。

1990年、この歌をメインとした、植木等およびクレージーキャッツのヒットメドレー『スーダラ伝説』(編曲:宮川泰)が植木の歌唱で発売され、オリコンチャート最高10位を記録するヒットとなる。植木は歌手としても23年ぶりに紅白歌合戦出場を果たし、第41回NHK紅白歌合戦歌手別視聴率で男女1位となる56.6%を記録した。

歌われている映画[編集]

メインタイトル部とエンディングで歌われる。メインタイトルでは歌詞に関係有る場面がバックに映され(1:バーのネオンサイン、2:競馬、3:女性の脚)、EDではクレージーがアカペラで歌う。なおメインタイトル部では、サビの部分は短縮されている。
下宿に帰った平均(植木)が、外れ馬券を投げ捨てて、背広を直しながら2番を歌う。これもサビは短縮。
クレージー扮する「荒木プロ」の面々が、旅行先の伊豆で歌う。

これらの他にも、『サラリーマン清水港』『続サラリーマン清水港』(双方とも1962年/松林宗恵監督)の冒頭、新聞配達人(大江健三郎)が自転車を漕ぎながらこの歌を歌っている。

カバー[編集]

  • 平成スーダラ節/OLバージョン - 1990年発売。おやじGALSのシングル曲。尚、このバージョンを作詞したのは、青島幸男の実の娘である青島美幸である。
  • スーダラ節(平成版ラガ&ジャングルMIX) - Togo-chef Pw. GUHROOVY & NO+CHINの楽曲。編曲は藤後浩之と内堀彰(GUHROOVY)によるもの。音楽ゲーム『DANCE 86.4』や『pop'n music』に収録されている。2005年発表。曲紹介ページ
  • スーダラ節 - SAKEROCKの2ndアルバム『songs of instrumental』(2006年発売)に収録。ギターの星野源がボーカルを担当。星野源のソロCDブック『ばらばら』(平野太呂・共著、2007年発売)には弾き語りバージョンが収録されている。
  • スーダラ節 - 松浦亜弥がカバーし、ETCのPRCMでイメージソングという形で流れている。
  • スーダラ節 - 夏木マリのアルバム『THE HIT PARADE』(2008年発売)に収録。
  • スーダラ節 - tamamixのアルバム『u・ku・lu』(2011年発売)に収録。
  • トマト DE つけパン - トリオ DE つけひた(井ノ原快彦横山裕手越祐也)による替え歌。味の素「クノールカップスープ 完熟トマトまるごと1個分使ったポタージュ」のCMで流れる。
  • スーダラ節'79 - シングル「これで日本も安心だ!」(TP-10569 東芝EMI)B面収録。1979年発売。編曲宮川泰植木等本人によるセルフカバー。
  • スーダラ節 - 結成25周年記念アルバム「ハナ肇とクレージーキャッツ」(TP-80076 東芝EMI)収録。1979年発売。セルフカバー。前述の「スーダラ節'79」と同一オケだが、サビ部分にクレージー・メンバーのコーラスが入っている別テイク。
  • スーダラ節 - アルバム「スーダラ伝説」(FHCF-1088 ファンハウス)収録。1990年発売。編曲溝淵新一郎(クレジット上は編々曲)。セルフカバー。(平成ミックスヴァージョン)と(昭和モノミックスヴァージョン)と、同一オケながらテイク違いが2種類存在し、後者は本アルバムのみの収録。前者は本アルバムや、90年代にファンハウスから発売された植木のアルバム数種類に収められている(カッコ書きは外され、単にスーダラ節と表記されている)。

エピソード[編集]

この曲の2番は、競馬で大穴を狙うも最終レースまで外れ、ボーナスをスッてしまうという内容の歌詞になっている。

1992年有馬記念終了後、植木が中山競馬場で開かれたミニコンサートでこの曲を披露したところ、競馬ファンがサビの部分を大合唱するまでに盛り上がったという。

(通常、馬券を買うために競馬場を訪れる競馬ファンが、コンサートのような場内イベントに興味を示すことはあまり無いとされる[4]

脚注[編集]

  1. ^ 戸井十月『植木等伝 「わかっちゃいるけどやめられない!」』(小学館)ISBN 9784093797795
  2. ^ 小林信彦 『新編 われわれはなぜ映画館にいるのか』(キネマ旬報社 2013年)より植木との対談
  3. ^ NHK教育テレビで2007年4月8日に放送された植木の追悼番組『スーダラ伝説・夢を食べ続けた男』(元々は植木の生前に製作されたBSハイビジョンの特別番組)での植木のインタビューより
  4. ^ 須田鷹雄 『「競馬通」へのウマ講座 初級から上級までの見栄マニュアル』 (ワニブックス)