クイズの王様 (フジテレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナショナルファミリークイズ
クイズの王様
ジャンル クイズ番組
放送時間 土曜 21:00 - 21:30(30分)
放送期間 1972年2月19日 - 1974年2月9日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 石坂浩二
望月真理子
アーリン
ザ・ドリフターズ
ハナ肇とクレージーキャッツ
テンプレートを表示

クイズの王様』(クイズのおうさま)は、1972年2月19日から1974年2月9日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のクイズ番組である。正式名称は『ナショナルファミリークイズ クイズの王様』。松下電器産業(現・パナソニック)の一社提供。放送時間は毎週土曜 21:00 - 21:30 (日本標準時) 。

概要[編集]

前番組『ナショナル プライスクイズ ズバリ!当てましょう』と同様に、毎回一般からの参加者ペア×4組がクイズに挑戦していた。

クイズの内訳は、前番組から引き継いだ「プライスクイズ」を筆頭に、「パネルクイズ」「シルエットクイズ」「もの知りクイズ」「メモリークイズ」の計5種類からなっていた。クイズはインタビューやゲストの歌、さらにはコントレギュラーのザ・ドリフターズおよびハナ肇とクレージーキャッツ(それぞれ隔週出演)のコントの中から出されていた。最終的に一番点数を稼いだチームには「クイズの王様」の称号が与えられ、スポンサーの松下電器から30万円相当の電化製品が贈られた。

番組タイトルは、1950年代後半にニッポン放送で放送されていた同名番組のタイトルを流用したものである。こちらも松下電器の一社提供番組であり、内容は大きく異なるが、優勝者には同社製品が贈られていた点は同じである。

出演者[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

コントレギュラー[編集]

備考[編集]

司会の石坂浩二は、その後も同じく松下電器提供の『動物家族』でナレーションを担当し、『ズバリ!当てましょう』(第2期)でも末期に司会を務めていた。コントレギュラーのハナ肇も、『プロ・アマ対抗 ズバリ!当てましょう』(第2期の後期)でプロチームのキャプテンを務めていた。

参考文献[編集]

フジテレビ系列 土曜21:00枠
松下電器産業一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
ナショナルファミリークイズ クイズの王様
(1972年2月19日 - 1974年2月9日)
'73日本への提案
(1974年2月16日 - 1974年3月9日)
※つなぎ番組

喜びも悲しみも
(1974年3月16日 - 1974年9月28日)