シャーロック・ホームズとワトソン博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みんなのうた
シャーロック・ホームズとワトソン博士
歌手 谷啓
作詞者 柴田陽平
作曲者 比呂公一
映像 アニメーション
映像制作者 福島治
初放送月 1975年12月-1976年1月
再放送月 1977年8月-9月
2013年8月-9月(お楽しみ枠)
2018年12月21日2019年1月18日リクエスト
テンプレートを表示

シャーロック・ホームズとワトソン博士』(シャーロック・ホームズとワトソンはかせ)は、日本の歌。作詞:柴田陽平、作曲:比呂公一、歌:谷啓1975年12月から翌年1月までの、NHKの『みんなのうた』で紹介された。谷啓は1996年4月2011年3月まで、『ざわざわ森のがんこちゃん』のオープニングテーマを歌っていた。

概要[編集]

アーサー・コナン・ドイルが生んだ世界的名探偵シャーロック・ホームズと、その相棒の医学博士ワトソンを題材にした歌。ハナ肇とクレージーキャッツでこの番組に出たのは谷啓一人であり、谷啓自身、初めての『みんなのうた』出演であった。

アニメは福島治が担当した。福島はこれ以前、『フニクリ・フニクラ』と『アヒルの行列』を「福島治次」名義で担当したが、NHKが渋谷移転後に伴い、「福島治」名義で担当したのはこれが初。

1977年8月に再放送されて以来、30年以上も再放送されていなかったが、2011年1月1日放送のスペシャルでは取り上げられた(谷啓は2010年9月に死去)。その後2013年8月9月に「みんなのうたお楽しみ枠』で再放送され、2018年12月21日2019年1月18日には『みんなのうたリクエスト』枠でも再放送される。

CD化はされていないが、1977年7月にキャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)から発売されたLPレコード「NHKみんなのうたより ゴールデン・ベスト20」には、石岡ひろしのカバーで収録されている。

内容[編集]

1番の歌詞ではシャーロック・ホームズの登場と難事件解決の意気込みが、2番ではメモ魔(どんな些細な事ももらさず記録にとどめる)ワトソンと、ホームズによる事件の解決が、いずれも簡潔に表現されている。1・2番とも、歌の間にせりふが加えられ、事件の内容と謎解きが説明されている。

この歌で取り上げられたシャーロック・ホームズ作品は『赤毛連盟』で、歌詞の間のせりふは「ズボンの泥と、地下の奇妙な物音」、「彼は銀行強盗をするためにトンネルを掘っていた」という意味の内容である。

参考資料[編集]

みんなのうた缶