ハナ肇とキューバン・キャッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハナ肇とキューバン・キャッツ(ハナはじめとキューバンキャッツ)は、日本のコミックバンドである。ハナ・ハジメとキューバンキャッツとも表記されていた[1]。当時誕生したばかりの渡辺プロダクションに所属。ハナ肇により結成され、ハナ肇とクレージーキャッツの前身となった。

概要[編集]

1954年当時、浜口庫之助は「浜口庫之助とアフロキューバノ」など子飼いのバンドを4つほど率いており、そのバンドの一つ(「浜口庫之助とアフロキューバノ」のジュニア[2])でドラマーとして活動していたのがハナ肇だった[3]。同年12月末、浜口から「今月いっぱいでこのバンドは解散する」と一方的に通告されて反撥したハナは、1955年4月1日、浜口に対する仕返しの意味でバンド名をアフロキューバノから盗用し、自らのバンドを結成した[3]。ハナ肇とキューバン・キャッツというバンド名は、新宿のお好み焼き屋「どんどん亭」でハナ自らが決めた[4][5]。そのとき同席していたのは渡辺プロダクションの渡辺晋・渡辺美佐夫妻であり、晋は「同じバンドでも、これまでにないものをやってみよう。お前(ハナのこと)、おかしいんだからモダンジャズなんかやるな。ドラムだってそんなにうまくないんだから、お前のキャラクターを生かして変わったことをやったらどうだい、といってできたのがクレージーの前身、キューバン・キャッツ」[6]と語っている。このときハナの念頭にあったのは脱線トリオのメンバー構成であった[4]

渡辺プロダクション社長の渡辺晋谷啓植木等(いずれも当時フランキー堺とシティ・スリッカーズに在籍していた)に声をかけたのは、キューバン・キャッツのレベルアップを図ってのことであったが、シティ・スリッカーズの所属プロダクションの社長から「お前ら、ここを辞めてハナのところへ行くのか。もしそんなことしたら、どこに行っても飯が食えないようにしてやる」と脅されて震え上がった植木はキューバン・キャッツへの移籍を躊躇した[7][注釈 1]。一方、谷啓は「あんな奴の言う通りには、もうならない。俺は、明日から来ない」と宣言し、1956年2月1日[9]、シティ・スリッカーズから脱退してキューバン・キャッツに加わった[10]。結局、植木の移籍が実現したのは1957年3月1日[9]のことであったが、その頃は既にキューバン・キャッツという名前ではなくなっており、「僕が入った時は、もう"クレージー"だったからね」と植木は語っている[10]

クレージーキャッツと改名した時期について小林信彦は「1957年3月から6月の間」としているが、渡辺プロダクションの資料では「1955年」となっており、正確な時期についてはハナ肇も把握していなかった[10]。山下勝利は「こうして昭和30年4月1日に『ハナ肇とキューバン・キャッツ』はスタートしたのである。クレージー・キャッツと改称するのは、3ヵ月ほど後のことだ」[11]と記しており、軍司貞則もクレージーキャッツへの改名を1955年7月としているが[12]NHKアーカイブスの番組表検索では、1956年2月7日NHK『ボンゴのひびき』に「ハナ・ハジメとキューバンキャッツ」名義で出演していたことが確認できる[1]

国家公務員の初任給が1万5483円の時代、渡辺プロダクションはキューバン・キャッツのメンバーに月給30万円を保証していた[13]

結成時のメンバー[編集]

  • ハナ肇(ドラム)
  • 犬塚弘(ベース)
  • 萩原哲晶(クラリネット)
  • 橋本光雄(ピアノ)
  • 稲垣次郎(テナーサックス) - 稲垣は谷啓や植木等の参加と入れ違うように脱退し[14]柴田昌彦に交替したとの資料もあるが[15]、『新撰 芸能人物事典 明治~平成』では初代テナーサックス奏者を柴田としている他、山下勝利も発足時のメンバーの一人に柴田を挙げており、稲垣を含めていない[16]
  • 南晴子(ヴォーカル)
  • 筑波礼子(ヴォーカル)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 山下勝利は、このとき二人を恫喝したのはマネージャーの奥田喜久丸だったとしている[8]

出典[編集]

  1. ^ a b NHKアーカイブス 番組表検索結果
  2. ^ 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.39
  3. ^ a b 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.90
  4. ^ a b 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.44
  5. ^ 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.89
  6. ^ 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.191-192
  7. ^ 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.92-93
  8. ^ 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.56
  9. ^ a b 山下、p.58。
  10. ^ a b c 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.93
  11. ^ 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.45
  12. ^ 軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』p.118
  13. ^ 軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』p.119
  14. ^ 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.199
  15. ^ 小林信彦『日本の喜劇人』p.165
  16. ^ 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.45