ニッポン無責任時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニッポン無責任時代
監督 古澤憲吾
脚本 田波靖男松木ひろし
製作 安達英三朗、渡辺晋
出演者 植木等ハナ肇重山規子
音楽 神津善行
主題歌 『無責任一代男』
『ハイそれまでョ』 
撮影 斎藤孝雄
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年7月29日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億5000万円
次作 ニッポン無責任野郎
テンプレートを表示

ニッポン無責任時代』(ニッポンむせきにんじだい)は、東宝1962年に製作した日本映画

概要[編集]

カラー、シネマスコープ主題歌は『無責任一代男』、『ハイ、それまでョ』。

クレージー映画の記念すべき第1作。当時『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)で人気を上げたクレージーキャッツ、中でも『スーダラ節』が大ヒットしていた植木等をメインに、“お姐ちゃんシリーズ”で知られていたお姐ちゃんトリオ中島そのみ重山規子団令子)を絡ませた作品だったが、予想外の好評となり、1971年公開の『日本一のショック男』(監督:坪島孝)まで、30作が制作される事となる。フジテレビの「オレたちひょうきん族」の「タケちゃんマン」でさんまが植木を演じた物が放送されたがまるっきり別物だった。

ストーリー[編集]

正体不明の無責任男・平均たいら ひとしは、バーで太平洋酒が乗っ取られそうな話を聞くと、太平洋酒社長・氏家勇作に「太平洋酒を乗っ取ろうとする者がいる」とコネをつけ、太平洋酒の総務部に入社した。そして均に任された仕事は、大株主の富山社長を買収する事。早速富山に会い、小切手1つで見事に成功し、係長に出世。ところがバーの女・京子から「黒田物産の黒田有人社長が富山から株を買った」と知らされショック! それもそのはず、乗っ取り屋として知られる黒田は山海食品社長・大島良介を後ろ盾にしていたのだ。かくて富山に裏切られた均はクビになるが、バーで出会った黒田に気に入られ、再び太平洋酒に復帰、部長となった。やがて太平洋酒はビールを売る事となり、均は北海物産の石狩熊五郎社長とのホップ売買契約を任される。均はお色気攻撃で契約する事に成功するが、黒田に「お色気など言語道断」と叱られ、会社の金を使い込んだと責められて又クビに。ならばとばかり均は会社を去るが、氏家前社長の息子・孝作と偶然出会う。孝作は大島社長の娘・洋子と駆け落ちをしていたのだ。一方娘のゆくえを心配した大島に、均は「娘の居場所を教えるから、氏家を復帰させろ」と要求。その結果、氏家は太平洋酒の社長に復帰を果たすが、その代償として均は、太平洋酒の実質的な支配者となった大島から放逐されてしまう。しかしその1年後。孝作・洋子の結婚式に、均がとんでもない姿でやって来た……!!

キャスト[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

全て作詞は青島幸男、作曲は萩原哲晶

「やせがまん節」
均が夜、氏家家に行く場面で流される、映画オリジナル曲。後に『スーダラ外伝』で歌われる。なお予告編では「やせがまん節」だが、OPクレジットでは「やせ我慢節」と表記された。
ドント節
氏家家に行った均が、孝作からギターを奪って歌う。
スーダラ節
2番を使用。下宿へ帰った均が、階段を上がりながらはずれ馬券を投げ捨て、背広を掃除しながら歌う。
五万節
バーで孝作・洋子のペアを見た均が、「いいなあ、学生時代は」と呟くと、まずアカペラで1フレーズ歌い、「あっそれ!」の掛け声と共にBGM付きで、同じバーの客である大塚・佐倉・青木・安井と共に歌う。歌詞は全て映画オリジナル。
ハイそれまでョ
黒田社長の就任会の席上で均が歌い、大塚・佐倉・青木・安井がバックダンサーを務める。1番と3番を使用したが、どちらも後半部が一部歌詞が替わってる。一見ステージと思いきや、実は就任会の席上という、古澤映画特有の演出。なお予告編では「ハイそれまでョ」だが、OPクレジットは「ハイそれ迄よ」と表記。
無責任一代男
本作の主題歌。全2回流され、2回目は孝作・洋子の結婚式で祝辞代わりに均が歌い、大塚・佐倉・青木・安井が踊る。

ロケ地[編集]

均と氏家社長が出会った場所として使われた「青山斎場」のある「青山霊園」

逸話など[編集]

  • 本作公開の後、大島渚は本作と『ニッポン無責任野郎』の二本立て上映を一回半(どちらかを二回)鑑賞し、小林信彦(当時の筆名は中原弓彦)に「どうしてあんなに面白いんだろう」と語ったという(小林信彦・著『日本の喜劇人』より)。
  • 2011年に東京・シアタークリエにて舞台公演された『ニッポン無責任新世代』では、主演の原田泰造は植木が演じた「平均」の孫という設定の「百均(くだら・ひとし)」という役で登場した。

同時上映[編集]

喜劇 駅前温泉
脚本:長瀬喜伴 / 監督:久松静児 / 主演:森繁久彌 / 東京映画作品
駅前シリーズ』第4作。以後1967年1月の『クレージーだよ天下無敵』(監督:坪島孝)と『喜劇 駅前満貫』まで計8回にわたって、クレージー映画と『駅前シリーズ』のカップリングが行われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この撮影時に触れた古澤演出の印象、監督とのエピソードなどの記述がある[1]

出典[編集]

  1. ^ 児玉の著書『負けるのは美しく』(集英社。単行本(2005年):ISBN 9784087747744、文庫(2008年):ISBN 9784087462760