日本一のヤクザ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本一のヤクザ男
監督 古澤憲吾
脚本 田波靖男
製作 渡辺晋、田波靖男
音楽 山本直純
撮影 長谷川清
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1970年6月13日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 日本一の断絶男
次作 日本一のワルノリ男
テンプレートを表示

日本一のヤクザ男』(にっぽんいちのヤクザおとこ)は、1970年に制作された植木等主演の「日本一シリーズ」8番目の作品であり、この後東宝を離れフリーとなった古澤憲吾監督が手がけた最後のクレージー映画となった。


概要[編集]

  • 今作より映画の冒頭で『東宝株式会社 配給』『渡辺プロダクション作品』と紹介されている。
  • クレージーキャッツからの共演者はハナ肇のみである。

ストーリー[編集]

昭和初期、佐川の町で着流しの男日本一郎が、土地の新興ヤクザ根本組の一宿一飯の恩義から前野組の組長に勝負を挑んだ。しかし一郎は最初から勝負する気など無く、礼金だけ受け取って逃げ出すつもりでいた。しかし、殺した覚えの無い前野が死に、その罪を問われた一郎は、ちょうど舞い込んだ赤紙を見て、戦争に行くぐらいならと警察へ。それから数年後、相変わらず前野組と根本組が抗争を続ける佐川へ戻ってきた一郎は、根本組にワラジを脱ぎ、この抗争に身を投じる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

挿入歌[編集]

「今日が命日この俺の」

※主題歌。オープニング等は植木による独唱。根本組に殴り込みに行くシーンで、藤田も歌っている。

「八九三の子守唄 運がないときゃ」

  • 作詞:なかにし礼
  • 作曲:猪俣公章
  • 歌:植木等

「小指の想い出」

「侍ニッポン」

同時上映[編集]

喜劇 負けてたまるか!

※植木主演作と谷主演作による、唯一の二本立てとなった。

ビデオソフト化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「1981年東宝ビデオ総合カタログ」1981年、東宝株式会社、p12

外部リンク[編集]