アッと驚く為五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アッと驚く為五郎(アッとおどろくためごろう)は、テレビ番組『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』内でのクレージーキャッツハナ肇による、番組を代表するギャグ。また、ヒットを受けて作られたコミックソング、および喜劇映画シリーズ。

誕生までの経緯[編集]

元々は日本テレビで新たな番組『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』を作る際、そのモデルとされた番組である米NBCの『ラフ・イン』でコントとコントの間をつなぐVTRとして登場する「Wolfgang the German soldier」が面白いということで、『ゲバゲバ』でも同じようなものを作りたいという話が出たことに端を発する[1]

コンセプトとしては「わけがわからないけど、とにかく出てきて何か言う」というもので、ハナ肇に演じてもらうところまではすぐに決まったが[1]、何にするか決まらなかった。一説には、気晴らしでやった麻雀でハナが叫んだ「アッと驚くタメゴロー」がウケて使われることになったという[2]。また別の説では、「アッと驚くタメゴロー」自体は元々ハナが昔から麻雀で振り込んだりした際に使っていた言葉で、アイデアに詰まり六本木でハナ、ディレクターの齋藤太朗、河野洋(放送作家)の3人で酒を飲んでいた際にその話が出て、酒の勢いで採用が決まったという話もある[3]。そしてタメゴローの名前の由来は浪曲『石松代参』(または『石松の代参』)にある「本座村為五郎の悪事」に出て来る人物がハナの大のお気に入りだったことから[4]

番組ではヒッピー姿で叫んでいた[5]。またハナの脇には多くの場合当時の新製品であるソニーの小型テレビが置かれていたが、これについて齋藤は「時代の最先端のテレビとヒッピーのおじさんの対比というか、新しいものと古いものを組み合わせて落差を作った」との狙いだったという[3]

なお、ハナは80年代の『ゲバゲバ』リバイバル版『ゲバゲバ90分!+30』では、当時流行の最先端だった竹の子族の衣装で登場、舞台を歩行者天国に移している。

コミックソング[編集]

アッと驚く為五郎
ハナ肇とクレージーキャッツシングル
A面 アッと驚く為五郎
B面 酒のめば[6]
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 河野洋/宮川泰
ハナ肇とクレージーキャッツ シングル 年表
あんた/ウンジャラゲ
(1969年)
アッと驚く為五郎/酒のめば
(1969年)
全国縦断追っかけのブルース/おとこ節
1970年
テンプレートを表示

ヒットを受け、1969年12月20日植木等コーラスクレージーキャッツによるシングルが発売された。1コーラスごとに「アッと驚くタメゴロー」とハナ肇が叫び、間奏には『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』のオープニングテーマのメロディー(作曲宮川泰)が使用されている。セルジオ・メンデス&ブラジル'66による「マシュ・ケ・ナダ」の影響を受けたとされる(『クレイジー・シングルス』の萩原健太によるライナー・ノーツより)。

なお、この楽曲には萩原哲晶が作・編曲を手がけたものの当時は未採用となったバージョンもあり、1995年発売の『クレージーキャッツ レアディスク』、2010年発売の『クレイジー伝説』などのCDに収録されている。

映画[編集]

同じくヒットを受け、松竹で映画化された。全5作で、全作品のタイトルに「為五郎」と入っている。ハナ肇主演。

シリーズ一覧[編集]

公開年 タイトル 監督 主人公 主な出演者 併映作品
1970 アッと驚く為五郎 瀬川昌治 大岩為五郎 梓みちよミヤコ蝶々 新・男はつらいよ
1970 なにがなんでも為五郎 野村芳太郎 坂東為五郎 光本幸子谷啓 男はつらいよ 望郷篇
1971 やるぞみておれ為五郎 野村芳太郎 坂東為五郎 財津一郎緑魔子 男はつらいよ 純情篇
1971 花も実もある為五郎 野村芳太郎 坂東為五郎 林美智子藤田まこと 男はつらいよ 奮闘篇
1972 生まれかわった為五郎 森崎東 坂東為五郎 三木のり平桜井センリ びっくり武士道

脚注[編集]

  1. ^ a b 「ディレクターにズームイン!!」(齋藤太朗 著、日本テレビ、2000年)p.199
  2. ^ 山下勝利「ハナ肇とクレージーキャッツ物語」朝日新聞社
  3. ^ a b 「ディレクターにズームイン!!」p.200
  4. ^ 近代映画 近代映画社 1970年3月号 148頁。
  5. ^ 一部の視聴者からは「アイヌのおじさん」と間違われていたという。
  6. ^ この時期ザ・ドリフターズの一連の楽曲を手がけていたなかにし礼川口真のコンビが提供した楽曲。曲の合間にコント部分もあるものの、「戦友と酒を飲む」といったような一節もあり(クレージーのメンバーに兵役経験者はいない)、全体としてはペーソスの要素が優った仕上がりになっている。
  7. ^ 河野は“萩原哲晶バージョン”の作詞も手がけており、これら2つのバージョンの歌詞には共通する部分もあるが、かなりの部分が異なっている。

関連項目[編集]