配達されない三通の手紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
配達されない三通の手紙
監督 野村芳太郎
脚本 新藤兼人
原作 エラリー・クイーン
(「災厄の町」より)
製作 野村芳太郎
織田明
田中康義
出演者 佐分利信
乙羽信子
小川眞由美
栗原小巻
松坂慶子
片岡孝夫
渡瀬恒彦
音楽 芥川也寸志
撮影 川又昂
編集 太田和夫
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 日本の旗 1979年10月6日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

配達されない三通の手紙』(はいたつされないさんつうのてがみ)は、1979年制作の日本映画

エラリー・クイーン推理小説災厄の町』(Calamity Town)を野村芳太郎監督が映画化した作品で、新藤兼人が脚本を執筆している。

原作の舞台はアメリカだが、舞台を山口県萩市に移し替え、地方の上流家庭の美しい3人姉妹の葛藤から恐ろしい殺人事件が起こるという設定に変更した[1]。映画業界では、昔から翻訳物は成功しないといわれていたため[2]、新藤と野村は「そのジンクスを破ってみせる」と話した[2]

あらすじ[編集]

山口県萩市にある旧家の唐沢家には、光政と妻のすみ江、それに麗子、紀子、恵子の3人の娘が暮らしている。ある日、この家にボブというアメリカ人の青年がやって来た。彼は日本文化を学ぶために来日、伯父である光政を頼って来たのだ。

紀子は父の経営する銀行の行員である藤村敏行と結婚することになっていたが、3年前に敏行が突然失踪して以来、部屋に引きこもって魂の抜けたような生活を送っていた。ある日、その敏行が突然帰って来た。紀子は大喜びし、久々に笑顔が戻った。それから数日後、紀子は敏行の本の間に挟まれた3通の封筒に入った手紙を見つける。それを読んだ紀子は驚いた表情を見せる。

その様子を見ていたボブと恵子は、手紙をこっそりと盗み見した。その手紙は全て、敏行の妹・智子に宛てられたものだったが、内容は恐るべきものであった。やがてその手紙に書かれた通りの事件が起こり、紀子が嘔吐、さらに智子が死んでしまう。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 河原一邦「邦画マンスリー」『ロードショー』1979年10月号、集英社、 237頁。
  2. ^ a b 河原一邦「話題の邦画BIG15を特別誌上公開!」『ロードショー』1979年11月号、集英社、 146頁。
  3. ^ シネマ報知 報知映画賞ヒストリー
  4. ^ 日本アカデミー賞公式サイト

外部リンク[編集]