ここは静かなり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ここは静かなり』(ここはしずかなり)は、白川渥の小説である。作品は1956年に読売新聞に連載、書籍は大日本雄弁会講談社より刊行、のちに春陽文庫より文庫本が出版された。1956年11月に松竹で映画化、1969年には吉永小百合主演で『風の中を行く』のタイトルでテレビドラマ化された。

内容[編集]

舞台は神戸の高台にある楠ケ丘高校。千田杉子は音楽の教師で、学校ではコーラス部も担当している。杉子とコーラス部の門馬元一、赤部晴介、神崎コヅヱらの生徒たちとの人間関係、高校生ながら妻持ちの元一の問題、また数学教師・沼田運吉と歯科医・武田とのそれぞれの関係など色々ありながら、学校と共に明るく生きていく彼女自身のその姿を描いて行く。

映画[編集]

ここは静かなり
監督 野村芳太郎
脚本 椎名利夫
野村芳太郎
原作 白川渥
出演者 有馬稲子
渡辺文雄
大木実
音楽 木下忠司
撮影 井上晴二
配給 松竹
公開 日本の旗 1956年11月7日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:白川渥
  • 監督:野村芳太郎
  • 脚本:椎名利夫、野村芳太郎
  • 企画:保住一之助
  • 音楽:木下忠司
  • 撮影:井上晴二
  • 美術:熊谷正雄
  • 録音:栗田周十郎
  • 照明:小泉喜代司
  • 製作・配給:松竹

テレビドラマ[編集]

風の中を行く』(かぜのなかをゆく)のタイトルで、1969年2月10日から同年5月5日まで、日本テレビ系列にて放映。

詳細は『風の中を行く』の項目を参照。