ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 火曜 20:00 - 21:26(86分)
放送期間 1971年10月12日 - 1972年3月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー 井原高忠
出演者 大橋巨泉
ほか
オープニング 「ゲバゲバ90分!のテーマ」
テンプレートを表示

ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!』(ゲバゲバいちざのちょんまげきゅうじゅっぷん)は、1971年10月12日から1972年3月28日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。放送時間は毎週火曜 20:00 - 21:26 (日本標準時)。

概要[編集]

1971年3月まで同時間帯で放送されていた『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』の後継番組で[1]、それまでとは趣向を変え、軽快なテンポの時代劇風ショートコント番組にまとめていた。このリニューアルで、大橋巨泉前田武彦による司会パートは無くなった。

出演者には一部新メンバーが加わっており、元司会の巨泉も本編出演メンバーの1人になった(前田は出演せず)。ハナ肇のパートにはパペットが加わり、『巨泉×前武』時代にハナが行っていた「アッと驚く為五郎」「あんたかてアホやろ、うちかてアホや、ほなサイナラァ!」のギャグは「オモシロ、ビラビラ、テレビレビ! ヘバダバ、ヘバダバ、チョンマゲラ!」に変更された。

番組の終了後、86分ある本番組を60分に編集し直した再放送番組『ゲバゲバ一座のちょんまげ60分!』が日曜昼の時間帯に放送されていた。こちらは1972年4月から同年9月まで、毎週日曜 12:15 - 13:15 (日本標準時)に放送されていた。

出演者[編集]

参考:『日本テレビ・ポスターコレクション』 日本テレビ放送網、1992年、95頁。

スタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

  • ゲバゲバ90分!のテーマ(作曲:宮川泰) - 曲は『巨泉×前武』時代のものと同じであるが、オープニングの映像は出演者がプラカードを持って行進するのではなく、1人ずつがコント風に登場するパターンになった。出演者名はテロップで表示。

備考[編集]

1971年10月26日放送分の放送直前、国連アルバニア決議案による中華人民共和国の国連加盟がアメリカの反対を押し切って決まったことから、番組は渡米がエピソードにある勝海舟特集を急遽取りやめ、中国が題材の遣唐使特集に差し替えた。

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞毎日新聞社、1971年10月12日付のラジオ・テレビ欄。 

関連項目[編集]

日本テレビ系列 火曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
火曜スペシャル(第1期)
(1971年4月6日 - 1971年9月28日)
ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!
(1971年10月12日 - 1972年3月28日)
火曜スペシャル(第2期)
(1972年4月4日 - 1972年9月26日)
日本テレビ系列 日曜12:15枠
タイガーマスク(再放送)
※2本立て
ゲバゲバ一座のちょんまげ60分!
(1972年4月 - 1972年9月)
お笑い日本列島!!
(1972年10月1日 - 1973年4月1日)